イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

温泉

初めてのイタリアのスパで痛感した、日本の温泉との違い

(今回は写真撮ってないので、この6月に行ったサトゥルニアの天然温泉の写真です)

IMG_5317

今回のお客様の3日目、午前中はモンテカティー二のスパへ。
(1日目はビステッカボルゲリワイナリー、2日目はマナローラです)
モンテカティーニの温泉は飲用が有名ですが、入る方の温泉施設もたくさんあります。
今回はとある4つ星ホテルのワンディスパコースを3時間、
うち1時間は顔とボディマッサージ付きで、私も一緒に体験させて頂きました。

韓国のあかすりと足つぼマッサージ以外は、人生初かも?のマッサージ体験。
おしゃべりなサルデニアのマッサージ師さんとしゃべりながらだっので
あっという間だったけど、いい香りのエッセンシャルオイルと
強すぎないマッサージで体はほかほか、ほぐれまくり・・・
そして弾力のあって健康な肌と筋肉と言われ、素直に喜ぶ♪

それから温泉コーナーでサウナ、ジャグジーなどを楽しみましたが、
室内・天然温泉を通じて「日本と違うよなーーー」っていうのは、やはり

湯音が低い!!!

ここのスパはホント湯音低くて、最後はサウナと自分で湯音調節できるシャワーで暖まり、
最後はハーブティーも飲んで内から暖まらないと寒いくらいでした💦

IMG_5974

一昨年行ったサン・フィリッポも真夏だったから気持ちよかったけど
冬はもちろん、春秋でも寒そう・・・イタリアで温泉入ってみたい方は、夏をおススメします。

他、いわゆる「日本の温泉」と違うところは

※ 水着着用である
※ 男女混浴である
※ 温泉=浴場、というよりプールである


でしょうか?
今では日本も「温泉」ではなく「スパ」がたくさんあるんでしょうが
私は日本のスパに行ったことはないので、そことの違いは??です(笑)


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終



かさこさんとトスカーナ周遊どこへ行く?3 ~ マレンマ

ラディコーファニから更に40分ほど、今度はマレンマ地方に到着。
山側マレンマ(海側マレンマはポルト・サント・ステーファノやジッリオ島など)で
いくつかある凝灰岩の村でどこに行くか?かさこさん的には絶対これ!の、ここ。

IMG_5272

私が初めて訪れた時は、鳥肌がたって立ち尽くしてしまったほど
圧倒的印象を与えてくれたピティリアーノ。
6年ぶりに訪れましたが、その姿はやはり圧巻!!
前回は曇りでしたが、この日は天気も持ち直し、晴天とのコントラストも美しく。

IMG_5292

外観だけでも美しいのですが、「イタリアの最も美しい村」にも選ばれるほど
村の中も印象的路地やアーチでいっぱい。

IMG_5282

目を光らせて(後姿からの「のほほん」さからはそう見えないけど)
撮影ポイントをチェックして黙々と歩くかさこさん(笑)ですが
しかし旧市街は他と比べると結構広いので、端から端へ往復して終了!

そして撮影ツアー最後の訪問地は・・・
トスカーナ天然温泉ではやはり一番有名で絵になる、サトゥルニアのゴレッロの滝。
段々畑のように天然浴槽が逆すり鉢状に広がっています。
そんな温泉の全景写真をとるためには・・・

IMG_5312

ズボンを捲し上げて、靴下と靴を脱いで、温泉川を渡る!
(タオル持ってきておいてよかったー)

そして、撮る!!

IMG_5314

私はもう入りたい衝動を抑えるのが大変でしたが、この夏のリベンジということで
撮影に専念・・・川をもう1度渡り、今度は温泉が流れてくる上流へ。

IMG_5324

ザッパ―――ン!!!
サン・フィリッポもよかったけど、これはやっぱすごいわ~。

こうして写真で振り返るとあっと言う間ですが
バラエティに富んだ超~濃厚な撮影ツアーはこれにて終了。
これはあくまでも「かさこカスタマイズ」ですが、
依頼される方の好み、優先順位、予算に応じてアレンジが可能です。
こんな周遊をしてみたい!と、まずは相談してみてくださいね



セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   

かさこさんとトスカーナ周遊どこへ行く?2 ~ オルチャ渓谷

サンガルガーノ の後は、かさこさん が当初から行きたいと言っていたここ。

IMG_5202


私はいつも 車中撮影 ばかりで、車から降りたのは10年
以上ぶり!
あいにく曇り空でしたが、しっかり後ろにモンタルチーノも見えました。
糸杉のある反対側も、波を打つような粘土質のクレーテ・セネーゼの大地。
この道を、いつまでも駆けていきたい衝動に駆られます(笑)


IMG_5201

かさこさんも、激写、激写。

IMG_5199


空が高ーい!

IMG_5208

さて、そこからどこに行くか?
初めてオルチャに行く人にとって、王道なのがおそらくこの モンタルチーノ と
単体で世界遺産にもなっている ピエンツァ でしょうが、
かさこさんにはここは提案せず、やっぱりインパクトのあるここ。

IMG_5217

IMG_5215


村のど真ん中に古の浴場が残っている、バーニョ・ヴィニョーニ 。

IMG_5220


ここで簡単なパスタランチ、私はシエナ県に来れば絶対!のうどん系パスタ・ピチ、
かさこさんはラルドとサンジョヴェーゼワインで煮込んだソースに
ペコリーノをふりかけたスパゲッティ。

IMG_5222

どちらも美味でした!外もいいけど、中庭が日陰で落ち着きます。
Osteria del Leone

そして、オルチャはやっぱりその雄大な絶景を上から楽しんで頂きたいので
ブログ でも たびねす記事 でも推しまくってる、ここ。

IMG_5242


ラディコーファニの要塞。

IMG_5246


まさに360度のパノラマが見渡せる、オルチャ渓谷で一番高いパノラマスポット。
私の思惑通り、かさこさんも。スゲェ、スゲェを連発。

IMG_5249


そして村も味があって、かさこさんも「いい村だな~」とぶつぶつ言いながら(笑)
ひたすらシャッターを押しまくる・・・やっぱここは一押しやな!

短時間でありながら、私一押しのオルチャを堪能して頂いたところで、
更に車を南に進めます=3=3=3


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


オルチャ渓谷ハイヤー周遊、どこをどうやって周る?

2016年も残り1か月を切りました。
嬉しいことに、来年のご予約やお問合せもすでに何件か頂いていますが
通年多いのが、ハイヤーの手配とそのコーディネイトです。

ピンポイントで使う方、数日利用される方もいますが、
一番多いのがフィレンツェ発着の1日周遊、中でもオルチャ渓谷が定番の人気です。

12

「こことここへ行きたい!」 と最初から明確な方、
「こういうイメージですが、おススメの行程を」 とオマカセの方、 
「ここもあそこも、あ、あれも、これもそれも」 といっぱいあって悩む方、

いろいろいらっしゃいます。

11月にいらしたKさんは一番最後のパターン~記念となる一大旅行だったので
やりたいことは全部やりたい!行きたいところは全部行きたい!
となるのは当然ですが、時間はたった1日・・・
希望の優先順位や時間の効率を考えて、修正を重ねに重ねた末の
Kさんの最終行程をご紹介します!

9時:ホテルへお迎え
自宅でリラクゼーションサロンをされているKさんの宿泊先は
バーニョ・ヴィニョーニ の こちらのホテル
ベテランドライバーのジョヴァンニがお迎えに。

9時半:ワイン好きのご夫婦には必須!ブルネッロのワイナリー。
ここがオーナー不在で無理だったので、今回は別のワイナリーをご紹介。

14910487_600244330161680_7444732247572367515_n

11時:モンタルチーノの要塞でオルチャの絶景も堪能
あいにくの雨で寒く、町散策は早めに切り上げたそうですが、
この絶景を楽しみにされていたので、よかったです!

(以下は私が過去行った時の写真です)
CIMG3358

12時半:農家経営のオーガニックレストランでランチ
ここでランチしたい!と一番先にここが決まりました(笑)

CIMG4801

14時半:ピエンツァ散策

CIMG9732

16時半:コルトーナ散策
最後まで雨で、なかなか散策は十分に楽しめなかったようですが(泣)

19時頃:風車のあるアグリツーリズモ到着

合計10時間、行きたいところをぎゅっと凝縮したツアーです。
もちろん、もっとゆったり周る事も可能ですが、そこは時間と予算との兼ね合いも。
一番大事なのは何に優先順位におくか、ですね。
またいつかイタリアに来る方や、ある程度旅慣れている方がハイヤー手配する場合は
やはり車で「しか」行けないところをメインにおススメします。

P1010412

写真撮りたいところで止まれるのも、ハイヤーだからできること
(ドライバーのジョヴァンニと)

今回Kさんは、イタリア最後かもしれないので絶対行きたい!という事で行きましたが、
例えばコルトーナなどは、フィレンツェから直通電車&駅前からバス、
と割と難易度の低い場所。別のお客様だったら、コルトーナの代わりに
ランチ前にモンティッキエッロか、モンタルチーノ後にサンタンティモ修道院
をおススメしていたと思います。
(実際に、サンタンティモに行くだけのためにハイヤー手配された方もいます)

ともあれ、ハイヤー周遊でどこをどうやって周って、果たしていくらになるのか?
お見積りは無料なので、まずはお問合せ下さいね。

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング

待望の!「白いクジラ」のサン・フィリッポ温泉へ

こんなにばーちゃん村から近いのに、こんなに前から言ってるのに
や~~っと、サン・フィリッポ温泉に行くことができました。
車で約15分、小さい村の道沿いは車でいっぱいでしたが
何とか駐車して、FOSSO BIANCO=「白い溝」の標識を進みます。 

IMG_5925
硫黄臭が漂うなか山道を少し行くと、白い岩の下に温泉が!
IMG_5926

IMG_5927
下りに沿って小さな自然の「浴槽」が続いているので、下っていきます。
赤ちゃん連れのファミリーから、若者グループ、地元民から観光客までさまざま。

下から見上げた感じ。
IMG_5933
そして、写真でいつも見ていた「白いクジラ」に到着! 
IMG_5936
上から流れてくるお湯で打たれ湯~
IMG_5944
泥を塗ったり、日向ぼっこしたり、思い思いに楽しみます。
IMG_5962
しかし、ここは浅い場所を通ってきた下流のため、お湯はかなりぬるめで
日も陰ってきて寒くなってきたので、私たちは上の日向に移動。
IMG_5974
この浴槽が日本の温泉並みとはいかないまでも、なかなか熱くていいお湯♪

土とか葉っぱに敏感な長男にはそれほど楽しくなかったようですが
日本でも温泉好きの次男はかなりご満悦 (*‘∀‘)
IMG_5978
幼少の頃に来たっきりというダンナも、「これからは毎回来るぞ!」
と、森の天然温泉、ダンナもかなり気に入ったよう。
ただし、秋~春は寒そうなので、夏限定かな。

何気にトスカーナに多い「温泉」、モンテカティーニの飲む温泉から
温泉プール形式でスパになってる施設型もあれば、
今回の私たちが行くような天然温泉もいくつかあります。
サン・フィリッポもホテルやそこに併設されたプール型温泉もあるし
村は小さいながらミニマーケットやレストランもあるので、
オルチャ周遊の際は、こういう場所に1泊ってのもいいですよ~。





Profilo

くみこ

フィレンツェ郊外の田舎にダンナ&息子2人で暮らす。通訳・翻訳、トスカーナ専門のコーディネイター・ライターの仕事をしつつ、愛着を持つトスカーナの田舎や小さな村、イベント、郷土料理レシピなどを発信・個人旅行の提案を行うサイト・トスカーナ自由自在を運営。
デカい・黒い・よくしゃべるので、日本人には見られないコテコテ関西人。

Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ