イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

田舎暮らし

イタリアに「卒業式」はありません~長男、小学校最後の日

ほんとは9日(金)に終わるはずだった 本年度、昨日の発表会で終了!

IMG_5516

濃い色のズボンに白Tで最後の学校へ・・・
次男は短い靴下が嫌でふてくされてますが

イタリアの学校では始業式・終業式はもちろん
入学式も卒業式もありませんΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
うちの学校はここ数年は音楽発表会で〆となっています。

会場は学校向かいの小さな映画館。

IMG_5521

時間になって、児童と先生が移動してきました。
(次男も機嫌が直ったようだ💦)

IMG_5529

最初にウォーミングアップをして、1年生から順に発表。
しかし、やっぱり1年生は独特の可愛さがあり、自分の子はいなくてもニヤニヤ♥

IMG_5549

そして次男の2年生、イタリアの昔からの子供音楽コンクール番組
「Zecchino d'oro」のメドレー。

IMG_5541-1

次男はいっつもアホしてるのに、こういう時は緊張しぃで、目がうつろ(苦笑)

IMG_5563

そして5年生、卒業式はなくとも、最後に保護者代表からの挨拶と
保護者一同から学校へのプレセント(顕微鏡を寄付)と子供たちから手紙やメダルの贈与で
先生と女の子の一部は感動で涙・・・ええ、私もかなりウルッときましたよ💦

発表はフィレツェの民謡メドレー、戦前のレトロな曲ばかりです。

IMG_5574-1

兄弟でもホント違うもので、恥ずかしがりだけど、こういうのはしっかりやる長男。
先生の指導通り、口を縦にしっかり開けて歌ってる(笑)

IMG_5582

おらが村は小さいので、幼稚園から中学まで11年間ずっとクラス替えなし。

7-9

これは1年生の時の発表会・・・皆ちっちゃい!
自分の息子はもちろんだけど、他の子も早い子は0才から、他の子も3才から知ってるので
大きくなったよなぁ~とほんっとシミジミ。9月から中学生なんて信じられない!!

とはいえ、中学校は小学校と同じ建物の2階、クラスメイトはほぼ同じ、
下に行けば下の学年の友人や先生にも普通に会えるので、これで最後――――!
ではないな・・・ともあれ、5年間の小学校生活を終えました。

さ、今日はフィレンツェの姑宅に宿泊し、明日朝に日本に発ちます=3=3=3


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング 


「誕生日会歴10年」で研ぎ澄まされた勘

イタリアでは、子供の誕生日会は必須!
全員とまではいかないものの、生まれてから小学校の間は、
大小あれど、大半の家庭は「誕生日会」を開催します。
こんな場所でも誕生日会ができるんです!

IMG_4994

そういう私も、長男1才から、2人の子供合わせて10年、
15回以上の誕生日パーティを開催していますが・・・
もうね、何をどれくらい準備したら良いか?
参加人数でほぼ完ぺきに把握できるようになりました。

IMG_4997

今回の参加は大人子供合わせて40~50人。
昔は適量が分からず、あまりまくって捨てたり毎日同じもの食べたりでしたが
今回残ったのは、ケーキも小さいのが3切れ、ハム類とパンが少しとクスクスだけ。
結局皆が食べるもの(特に子供が食べるもの)って結局手づかみで食べられるものだし

IMG_4989

凝った物よりも
スタンダードなピッツァ
レバーパテのクロスティーニ
トマトのブルスケッタ
スキアッチャータのパニーノ

が一番出るんですね。

それに大人用に、毎年人気の夏野菜のクスクス、ファッロのサラダ、キッシュを少し。
あとは採れたてさくらんぼ、大人気で全部なくなりました。

IMG_5026

一番余って厄介なのがケーキですが、参加人数の半分のオーダーでOK。
食べない子もいるし、ケーキ屋さんは1人分大きく見積もるから。
これも毎年様子を見ながら減らしていって出てきた計算です(笑)

次男のが終わったので、次は2か月後の長男・・・
小学校卒業後の夏休み中にあるので、これで長男のは終わりかな?と思うと
1回分減って嬉しいような、ちょっと寂しいような複雑な気分です。


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


20年かけて叶えた、ある夫婦の夢

先日のトレッキングでは、行き、帰りともに
「カッフェ休憩」があると聞いていたのですが・・・場所は
道中、森の中にあるフランチェスコとダニエーラのお宅。

IMG_3975

この家族、うちの最寄りバス停の前に住んでいたのですが、最近見ないなーと思ったら
元々ご家族の所有だったこの森の中の建物を、足掛け20年かけて自らリフォーム!
フランチェスコが土建屋さんとは言え、その仕上がりが何とも美しく
トイレのために中にも入らせてもらったのですが、
森で見つけた大木をソファー骨組みにしたり、自然素材がうまく使われたインテリアばかり。

IMG_4044

母屋はフランチェスコ家族が左、フランチェスコのお母さんが右の二世帯住宅、
手前左はワインセラーとチーズを作ったりの作業場、右は納屋になっています。
下は一面広がるオリーブ畑、今回は見られませんでしたが、ヤギも飼っており、
将来は2人でアグリツーリズモにしたいそう・・・素敵すぎる♥

午前11時の休憩でこちらに寄ったら、

カッフェどころとちゃうやん\(◎o◎)/!

IMG_3969

スキアッチャータにサラミや生ハム・・・

IMG_3966

天然酵母パンに自家製のジャム、チーズ、クロスタータ・・・

IMG_3968

ショウガレモンティーを始めとした飲み物・・・お昼ご飯やん(笑)

IMG_3974

おらが村乗馬センター一行も来て、馬にも自家製人参をふるまうフランチェスコ

そして帰りは15時過ぎ・・・

IMG_4038

石窯から焼きたてピッツァが出てきた!!
(出てきた瞬間から取り合い状態💦)

IMG_4039

そしてフレッシュチーズ2種、まずはラヴァジョーロは、こんなカワイイ容器で♪
砂糖を少しかけて食べましたが、ヤギのお乳の臭みは全くなくマイルドなお味。

IMG_4042

それからリコッタチーズも・・・これはそのまま食べてみると・・・濃厚~!
そして揚げたての揚げパンにつけて食べると・・・とろける美味しさ~ (^▽^)/

彼らが将来、ほんまに夢を叶えてアグリツーリズモを始めたら、絶対コラボしたい。
いや、今でも彼らが受け入れてくれるなら、チーズ作りや料理教室をやってもらえないか
(ダニエーラは給食センターの料理長です)聞いてみようと思います♪
宿泊はもちろん「休暇の家」で、ちょいトレッキングを兼ねて・・・
なんか、エエ感じちゃうのん?・・・と勝手に妄想中(笑)


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング  


地元イベントはもう絶対はずせない、4つの理由

昨日は、おらが村にある「カゼンティーノ国立公園」ビジターセンター企画の
「遺跡トレッキング」に家族で参加してきました。
ビジターセンターの管理人は「休暇の家」のオーナーでもあるカルロ&カテリーナです。

おらが村にマイホームを購入して12年、地元イベント参加率が年々上がってきてますが
もう参加せずにはいられない?理由があります!

1) 友達がまだまだ増える

IMG_3975

地元で生まれ育った人が多いおらが村住人。
日本人の私はもちろん、フィレンツェ人のダンナも「ヨソ者」でしたが
妊娠し、子供が生まれ、学校やクラブを通じて友人がたくさんできました。
こういうイベントに参加すると、更に!あまり接点のなかった人とも仲良くなれます。
この日の参加は、地元民を中心に約50人で、顔見知りだけだった人ともおしゃべりしたり
おばあちゃんと一緒に歩いたり、楽しかった~。

2) 移動時間ゼロ、安く休日を満喫できる

IMG_4048

おらが村内なので、移動時間はほぼゼロ・・・どこかに出かけると、
移動時間がもったいなかったり、最悪の場合、渋滞にハマったり・・・
息子らもお腹空いただ、ヒマだ、文句が出始めますが
地元だとそんなことはありません(笑)
そして移動の交通費だけでなく、参加費も無料~ホントに家族に優しい出費です。
この日はビジターセンター発着で、自宅から車で3分、徒歩でも15分。

3) 子供たちもめいっぱい楽しめる

IMG_3981

同年代の子供がいると、子供たちは親とだけでいるよりも楽しさが100倍。
昨日は元々一緒に行こうと言っていた友人家族(同年代男児2人)に加え
別の男児2人も来ていて男児6人グループ結成。

IMG_3961

一番上の中1の子を筆頭に、10キロのトレッキングもなんのその。
ほぼ1日、私は息子たちを見なかった気が(笑)
なので私たちも写真撮ったり、ガイドさんの話をよく聞けたり、子供を気にせず楽しめました。


4) 自然を謳歌できる

IMG_3992

おらが村自体がすでに自然に囲まれているのですが(笑)
今回は更に山へ山へ・・・しかも晴天に恵まれ、空の青と山の緑、野生の花たち、
ハヤブサも見たなぁ・・・年々思うけれど、本当に自然は美しくたくましく
その場に身を置くだけで心も体も浄化できるようです。
ここはおらが村の山手で標高500mくらい、手前2つの山の間がおらが村。
我が家も見えた♪

お出かけももちろん大好きですが、地元の休日もかなり充実!
フィレンツェからだったら、こんなに近い(小一時間)のに別世界なので
ぜひぜひフィレンツェ在住者や旅行者の方にも来て頂きたいですっ!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング  



イタリアの田舎道で遭遇する3つのこと

1)動物 

4-55

道を完全にふさがれたことは数回ですが、この羊には驚きました~。
(写真はトスカーナでなく、アブルッツォです)
ふさがれることはなくとも、鹿にぴよーんと横切られたり、
鶏が脇の原っぱから出てきそうで怖かったり。
ほのぼのしたり、ビビったり、いろいろ。

2)トラクター
DSCN9792

田舎道で渋滞してる時は、だいたい先頭にトラクターがいます。
こんな風に藁だったり、薪だったり、9月の収穫シーズンだと、ブドウを積んでたり。
横に寄って譲ってくれるか自分かトラクターが別の道を行くまで、忍耐で待つのみです。

3)サイクリング集団
IMG_3267

イタリアで昔から根強い人気のスポーツ、ロードサイクリング。
真冬はそれほどいませんが、3月~11月はこんな感じ。
まだ一列になってくれるならまだしも、並列でせり出してくる集団はホント危ない!!
昨日のことですが、プロ選手、しかもジーㇿディイタリア2011年優勝の
ミケーレ・スカルポーニ選手がロードで練習中にバンに跳ねらる死亡事故がありました。
これはバンが停車義務を守らなかったことが原因のようですが
車が気を付けてても、これだけワサワサいると事故が起こりそうで怖いです💦

イタリア旅行でレンタカーを使用する方はお気を付けください!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング  
 


Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ