イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

祭り

「サン・ミニアートのトリュフ祭り」に電車とバスで行く方法

一昨日、ここで紹介いただいたお客様の5日間のアテンドが終了しました。
まずは一昨日に行った、サン・ミニアートのトリュフ祭りについてをUP!
正式名称は、Mostra Mercato Nazionale Tartufo Bianco di San Miniato
11月11日から始まり、一昨日の12日、18-19日、25-26日と
3週末に渡って行われるイベントですが、イタリアでも有数の、
トスカーナでは一番規模も大きく有名な白トリュフを中心とした食祭りです。

IMG_0276

そして、フィレンツェからピサの間で、公共機関だけで行けるのも魅力!
でも慣れてない人、そして行ったことない人はピンとこないので大変かも。
・・・そういう私も初めて行ったので、行き帰りポイントとなる部分を記しておきますね。

【電車に乗車する時のポイント】
駅の正式名称は、「San Miniato - Fucecchio」
トリュフ祭りはサン・ミニアートですが、駅の名前は隣町のフチェッキオとの連名です。
鉄道のサイト の時刻表検索・切符購入での名称は、
S.Miniatoと簡略化して出てくることもありますので要注意
(サイトも自動販売機も、時によって出てくる時と出てこない時が・・・イタリアン・マジック!)
フィレンツェからは直通で40分、基本的に1~4番線の発車です。
(変わることもありますので、電光掲示板でチェック!)
ピサからは直通で30分弱、乗り換えアリの時もありますが、直通で行くのをお薦めします。
(乗り換えのある電車の次の直通を待っても、到着は5分くらいしか差がないので)
2階建て車両が多いので、楽しいですよ♪
その他、電車に乗り方に関しては こちら も参照してみてください。

【駅から祭り会場へのバスに乗車する時のポイント】
駅前から旧市街へ行くバスが出ています。
時刻表はこちら!!、日本語訳は下記の写真でどうぞ。

orari bus san miniato

ご覧の通り、土曜日の方が圧倒的に本数が多いです!
日曜の発着の※が付いている時間は、駅を背にして右下にある通りから発車なので
駅前広場から階段、または下り坂を下って、向こう側のバス停で待ちます。
バスには「SAN MINIATO」と表示されていますし、外国人観光客が多いので分かりやすいです。

ダンテ広場(終着)に帰りのバスを待つ人の多さに圧倒されますが、
この大半は市内に車を駐車したイタリア人向けの送迎バス(NAVETTA)で
駅行きのバスを待っている人ではありません。
駅行きのバスはダンテ広場の端(旧市街の反対側)の屋根のあるバス停から出ており、
バスには「FUCECCHIO」と表示されています。
駅が終着でないので、降りるとき注意!(ほとんどの人が下りるので分かりやすいですが)

駅前にはタバッキなどなかったので、運転手さんから買いました。
片道一枚1.50ユーロです。

このお祭りは今週末18・19日、来週末25・26日の4日のみ、
この日にトスカーナにいる人は要チェックですよ♪
公式サイトはこちら
プログラムのPDFダウンロードはこちら


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




波乱の展開?2017年の「木こりのパリオ」

秋のオルチャ訪問目的は、「栗とキノコの祭り」です。

IMG_9222

が、ここ数年はランチには行かず、ばーちゃん家でランチしてから、
ここでおやつを食べ、友人などに会い、最後は「木こりのパリオ」観戦、
というのが定番となっています。
今回はチェルヴィーニ家の紅葉、というサプライズも!

IMG_9210

ポルチーニ!
昔はポルチーニ狩り名人のばーちゃんのおかげでたんまり食べていたけれど
買うのはやっぱり高いな~(苦笑)

IMG_9211

カボチャも可愛い。

とウロウロして、おやつを食べたら、もうパレードが始まりそうな雰囲気。
そこからパリオの会場に移ります。

入場の様子は動画をどうぞ

IMG_9250

毎年見るこの男性が、今回「たびねす」記事の写真を提供してくれた
隣人の娘さんのご主人(田舎の村なので全員が知り合いっていう・笑)だった!
という発見~チャットしてるときはこの顔と一致してなかった💦

そして、レース開始・・・

IMG_9254

丸太と場所を選ぶのは、この2年は女性の木こりレースだったのが
今年は薄い丸太を投げて決めてました。

IMG_9264

そして、定番のこのポーズと雄たけび!
私はもちろん、ばーちゃんの住む地区=赤の Pian delle Mura を応援しますが
通算では圧倒的に勝ってるものの、この2年は負けている・・・

そして、第一レース・・・様子は動画をどうぞ

IMG_9267

しかし今回、黄色チームはノコギリに不備があり、何回もストップ。
第一レースも第二レースも赤が丸太を先に切り終わり、
正確さのポイントのためにサイズ確認するまでもなく・・・という感じで、
あっさり赤の勝利が決定しました。

そういう意味では盛り上がりにちょっと欠けたパリオでしたが
来年も楽しみにしています。
来年こそはポルチーニ食べに行くかな♡


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




イタリアのお祭りには欠かせない、「ズバンディエラトーレ」

Sbandieratore = ズバンディエラトーレってご存知ですか?

IMG_8966

たぶん、イタリアでのイベントに参加したり、TVやガイドにでてるので
見たことがある人はいると思います!
旗手、と言っても、旗を振る人のことを指します。

現在ではイベントのショーとして、あらゆるイベントに登場しますが
その存在が出来上がったのは中世の古都で、元々は軍事的な必要性から。
自軍のシンボルとしての旗、そして時にはその所作で攻撃の指令にもなる旗、
ズバンディエラトーレが敵軍に捕まると、拷問でその暗号を聞き出されることから
旗のテクニックはもちろん、忠誠心の強い人物が選ばれたそうです。

写真は10月の2週目末にあった、隣町の秋祭りにて。
ズバンディエラトーレのフィレンツェの団体がきており、まだ入りたての子供から

IMG_8950

女性のデュエット、

IMG_8954

そして団体の素晴らしいショーを見せてくれました。

IMG_8957

IMG_8959

IMG_8960


国レベルでもズバンディエラトーレ連盟があり、
そのテクニックを競う試合や、ランキングもあるそうです。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




トスカーナを旅する、ベストシーズンは?

「トスカーナに行くのに、一番良い季節はいつですが?」
よく聞かれる質問ですが・・・目的によります!
ので、季節ごとに何ができるか?など書いてみます。

【 オリーブオイル、栗など、食祭りがメインの方 = 秋 
 ➡ ブドウの収穫は9月、栗祭りは10月、

IMG_8672

   トリュフ祭りやオリーブの収穫・搾油は11月です。
   
IMG_8897

   日本の紅葉ほどは色とりどりではありませんが
   紅葉の中のトレッキング、また霧の風景も情緒があります。


【 都市~美術館や教会などの訪問がメインの方 = 冬 】
 ➡ 何より空いてます!
   フィレンツェで美術館などの入場待ちが少ないのが
   11月初旬~3月末ころ
   (クリスマス~1月6日の祝日、イースター期間は除く)
   冬の町も雰囲気があって悪くありませんし、
   寒くなったら、バールでホットチョコレートで休んだり
   冬には冬の楽しみ方もあります!

IMG_0328

   町に寄りますが、11月末~1月中までは
   クリスマスイルミネーションも見られますし、

IMG_0918

   アッバディアのフィアッコレ

CIMG3331-1

   おらが村のプレゼーペ・ヴィヴェンテなど、クリスマスのイベントも!

   都市では、大晦日にコンサートやカウントダウンイベントも行われますよ。


【 田舎滞在で屋外で過ごすのがメインの方 = 春 】

12

 ➡ 田舎らしい美しい風景が見られるのは、やっぱり春か秋。

CIMG4802-1
ピエンツァの城壁沿いから見る、春のオルチャ渓谷

   緑の大地、黄色の花やひなげしの風景は4~6月になります。


【 田舎メインで中世祭りやひまわり畑を見たい方、海へ行く方は= 夏 】

IMG_6035
 ➡ 茶色の大地は夏を通じて、ひまわり畑は例年7月、

9-e

  また中世祭りの大半は7~9月に集中しています。

P1070841
モンテリッジョー二の中世祭りは、例年7月の2・3週目末です!

秋や春の海も眺めるだけなら良いですが、海水浴はやっぱり夏!

IMG_6593-2
ジッリオ島、やっぱり島は夏が一番かな~。

私個人的には、海のある風景はやはり夏がテンションあがります⤴


何よりお休みがとれる時期や、フライトやホテルの値段などもありますが、
ぜひ参考にしてみてくださいね。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終





9月は桃祭り!トスカーナ北部の小さな村の「熱い」1か月

早いもので9月になりました。
我が家は遅い海のバカンスを満喫中ですが、帰宅後はすぐにおらが村一色!
そう、タイトルの「トスカーナ北部の小さな村」は、おらが村のこと(笑)

IMG_7130

おらが村名産の白桃・レジーナ(=女王)の収穫祭である9月祭、
昨年はほとんどのプログラムを制覇し、ブログにもたくさんレポートを書きました。

祭り初日は、ペスキートパーティ
桃と、ケーキと、ミスコンと
【レポ】2016年おらが村レジーナ桃祭り・品評会編

【レポ】2016年おらが村レジーナ桃祭り・パレード編

【レポ】2016年おらが村レジーナ桃祭り・料理デモ編

【レポ】2016年おらが村レジーナ桃祭り・ポレンタ編

FRAZE CRAZEさんのウェブマガジンにも
フィレツェ郊外ロンダ、「女王」と呼ばれる希少な桃によるシティプロモーション!

今年の日程は9月8日~10日で、今年のプログラムはこちら!

20914572_1826380790724661_3839547939412978525_n

私たち家族は8日にバカンスから帰ってくるので、
がっつり参加するのは10日だけ
=11時~の野草トレッキング、15時半~のパレード、16時~のポレンタ、
 17時~ブロガークッキング対決、18時~表彰式、21時半~のコンサート
に参加する予定です。

そして、この祭り後の2週間は、2組のお客様が休暇の家に長期滞在!

IMG_5587

カルロとカテリーナがお待ちしています💛

12日は、初めてのダニエーラの料理レッスンもやります!

IMG_3975

こんな環境で、本物のイタリア家庭料理を伝授&食しますよ。

おらが村では、この9月だけでなく通年通してお客様をお待ちしております。
9月祭やプレゼーペのイベントだけでなく、トレッキングなどの小さなイベントも
分かり次第、FBページとブログで告知していきます。
次の大きな見所は、11月のオリーブオイルの搾油所見学

お問合せは、こちらから・・・たくさんの皆さんをおらが村でお待ちしております💛


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング

Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ