イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

絶景

自分の写真はどう映る?「感性を伝え合う!フォトシェア会」に参加して

今回ZOOMで参加したイベントは、「感性を伝え合う!フォトシェア会」
フォトディレクターの森友亜さんフォトグラファーの井之上淳子さん主催。

ー自分の写真は他の人から見たらどのような印象なのか?
ー写真を見ながら感じたことをお互いに自由に伝える
ー感性はみんな違うので、その違いを楽しむ

ルールは「ノージャッジ」のみ。

私は写真撮るの好きだし、私を知らない人が私の写真をどう見るのか?
聞いてみたいなぁというのもあり、友亜さんともFBで知り合ったばかり、
他の人は全くつながってない方たちばかりだったのですが、思い切って参加してみました。
日本は夜開催!だったわけですが、私は時差もあり午後開催(笑)

写真3枚を前日までに主催者に送る、のですが、
この膨大な写真の中から、テーマ自由で何を送ろう?と悩んだのがこの3枚。
私が写真を撮るメインの3つのテーマから1枚づつ、お気に入り選びました。

1)子供
15-3

2011年の写真、まだまだ小さい、かわいい💛
これは今でもそうなんですが、「写真撮るよ~」「止まって~」「笑って~」
と決めて撮ってもなかなか良い写真って撮れないもの。
この時も「並んで~」「止まって~」「いや歩いてみて~」などと
友人であるこの女の子のお母さんと指示を出しまくったのですが、まぁうまくいかないこと。
もうどうでもええわ~好きにして~!という中、
動いている時に連写して大量に撮った中にあった、奇跡の写真!
子供や動物のイキイキとした表情、その瞬間を切り取る難しさと
できた時の快感がたまりませんよね~。

ちなみに場所は、モンタルチーノのブルネッロのワイナリーです。

2)小さな村

IMG_0559

小さな村の写真も、子供のに劣らずアホほどあるのですが、最近のお気に入りの1枚を。
小さな村って村の通りとか広場を漠然と撮っても、その良さがあまり伝わらないんですよね。
(それは私の腕のせいかもしれないけれど💦)
先日ラディコーファニに行ってプラート門を撮ろうとした時にこの看板に目がいって
本当はセンターにアーチがくるはずが、アーチは少し切れて、
看板が右上に入る構図となりました。
ハッキリ言ってこれは私ってバレバレだったかもしれませんが
私が普段見慣れたトスカーナの小さな町を「素敵ー!行きたい!」と言ってもらって
まさにそう思ってもらうために試行錯誤してる身としては嬉しい限りでした。

3)自然

IMG_20171015_160158

これは10月にばーちゃん村のチェルビー二宮で撮影したお気に入り。
紅葉の美しさ+ハート形になっているのが萌え~だったのですが
コンデジのカメラより、この日はスマホでの撮影の方がキレイに撮れました。
私は撮影した本人なので、どういう場所が分かりますが、
「これは何で空洞なんですか?」「中はどうなってるんですか?」
というシュチュエーションの疑問とか、
「中に顔が見えません!?」とかちょっと怖い?感想まで。

私の参加目的だった、「自分の写真がどういう印象を与えるのか」
を知ることができたのはもちろん、他の方の写真を見ながら
顔(目や表情)が見えないと余計にいろんな解釈(感じ方)がある!とか
撮影者の普段の何気ないシーンが、他人の記憶をフラッシュバックさせる!とか
面白い発見もいろいろありました。

そしてナント!最後の方に感想を話しているときに、次回開催も決定しました
今度はテーマありで!・・・ということで、興味のある方は一緒に参加しましょう。
ZOOMがあれば世界どこにいても大丈夫!残席は2だそうですよ。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




世界遺産「オルチャ渓谷」で一番シブい村は、やっぱりラディコーファニ

今回のグループのお客様の日程の中で、一番あーでもない、こーでもない
となったのがこの日=ハイヤーで南トスカーナを周る1日。
なんせ7人グループなので、リーダーの方と相談して提案→グループで意見を聞く、
の繰り返しだったのですが、最終的には「マイナーで、車でしか行けないところ」に。
オルチャ初めての方もいましたが、王道のピエンツァやモンタルチーノは避け
オルチャ渓谷ではラディコーファニ、それからアッバディア・サン・サルヴァトーレ
最後にモンテプルチャーノを周る案に決定!

「オルチャ渓谷の絶景を見る」が一番の目的でもあったので、
問題はラディコーファニの要塞が開いているかどうか。
開いてなければ通年要塞が開いているモンタルチーノの代案はあったのですが
ラディコーファニの要塞に確認すると、結局、本当は休みだったのに
私たちのために開けてくれることになりました!!

IMG_0524

遠くからぽっかり浮かぶ村と要塞が見えてくると、皆さんのテンションも上がります。
そして、まずはメインイベント?の塔へ登り・・・

IMG_0532

これこれこれ!!
眼下に見えるラディコーファニの村と、オルチャ渓谷の絶景!!
あいにく天気は曇りでしたが、雨が降らなかっただけヨシとしましょう。

IMG_0541

それから、村を散策。
メインの広場から、中心の通りを門に向かって下っていきます。

IMG_0548

石造りの路地、そこから見えるアーチ、玄関の古い扉・・・人もまばらで
童話の世界に入ったような錯覚に陥ります。

IMG_0555

ピエンツァは単独で世界遺産になっただけあり、村も美しいのですが
町並みは同じように童話のようでも、いかんせん観光客が多く、
日本の団体ツアーの方も押し寄せるほど。そういうのが興ざめしてしまう方は、
ラディコーファニのようなマイナーな村をおススメします。

IMG_0557

店先のちょっとしたお土産も可愛らしい。

IMG_0559

これはローマへ続く道に向かって開いている、ローマ門。看板がシブいっ!!
なんとも味があって、オルチャの他の村にも全くひけを取りません。

IMG_0563

猫も多くて、猫好きさんにも満足して頂けます(笑)

IMG_0565

立派な大聖堂や宮殿、お土産物屋さんもほとんどないけれど、
地元の肉屋さん、パン屋さん、文房具屋さんなどが点々とあり、
生活感が普通に感じられるのも大きな魅力。
私たちを見て「団体さんだ!」とばかりに張り切って声かけてきた
食材屋さんのおばちゃんも愛らしかったです(笑)

と言う訳で、私個人的にオルチャではイチオシのラディコーファニですが
オルチャ渓谷ってそもそもどこを指すの?どんな町があるの?と思われる方は、
オルチャ渓谷のまとめを「たびねす」にて記事にしていますので、ぜひご覧ください。
あの風景はどこにある?世界遺産「オルチャ渓谷」攻略ガイド

簡単に私が目的別でおススメするならば
王道ならピエンツァ、ワイン好きならモンタルチーノ
要塞に上って絶景を見たければ、春~秋ならロッカ・ドルチャラディコーファ二
冬なら通年開いているモンタルチーノカンピリア・ドルチャ
小さな村ならバーニョ・ヴィニョーニロッカ・ドルチャラディコーファニ
温泉・スパならバーニョ・ヴィニョーニサン・フィリッポ
それでもどこに行くか、時間はどれくらいとったらよいのか?悩んでしまう方は、
コーディネイト&ハイヤー手配を承りますので、ぜひお問合せ下さいね。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




もう1つのチンクエテッレの絶景は、ブドウ畑!

マナローラのワイナリーは、残念ながらオーナーが急病のため
作業人のお兄ちゃんの必要最低限の説明だけで終わってしまいましたが
こちらはボルゲリ以上に、ブドウの種類、ワインの種類ももちろん違っていました。
そして、何より違うのはブドウ畑。
海沿いにあるブドウ畑ってあまり見ないし、何より、
この断崖絶壁の村のどこにブドウ畑があるのかっていうと・・・

IMG_9363

こんな急斜面です(これはマナローラ⇔ヴェルナッツァの山側の車道)

IMG_9363-1

アップにしてみるとこんな感じ・・・急斜面にブドウ畑が張り付いています。
昔の収穫は大きな籠を頭にのせて行っていましたが
現在はこの急斜面にトロッコが走っており、作業を効率化させています。

ヴェルナッツァの海からも、こんな風に見えてます。

IMG_9366

チンクエテッレ観光だと、ついつい村の姿と海に目がいってしまいますが
山肌にへばりついているようなブドウ畑にも、ぜひ目を向けてみてください。
特に8月後半~は、収穫の様子が見られるかもしれませんよ。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




ため息の出る美しさ!オルチャ渓谷・チェルヴィーニ宮の紅葉

ばーちゃん村の古の集落には、チェルヴィーニという貴族のお屋敷があります。
元々はフランスの家系ですが、13世紀中ごろからモンテプルチャーノやシエナで
その家族の記録があり、ばーちゃん村にあるこのお屋敷は
チェルヴィーニ家が輩出した教皇、マルチェッロ2世がまだ枢機卿時代に、
前教皇のパオロ3世から引き継いだものだそう。

IMG_9224-1

通常、このお屋敷の門は閉ざされていますが
木こりのパリオ」の入場で使用するため、この日だけは門が開いているんです。
年によっては関係者以外通行禁止になっているのですが
この日は通行禁止の張り紙もなく、入ってる一般人もたくさんいたので
私も数年ぶりに入ってみることにしました。

IMG_9229-1

建物に入れる訳でもない、何がある訳でもない・・・いやいや、
この素晴らしい紅葉を見るだけでも、入る価値があるのです。

IMG_9226-1

今度いつ入れるか分からないので、息子たちの記念撮影も。

IMG_9232-1

青空とのコントラストも最高。

あとは写真だけで堪能して下さい~言葉は必要なし、
ため息のでる美しさです・・・

IMG_9233-1

IMG_9240-1

IMG_20171015_160158-1

IMG_20171015_160243-1


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終



アミアータ山の栗拾いで、心も体も癒される

秋のばーちゃん村では恒例の栗拾い。
家の前にも採りきれないほど栗が落ちてますが、私たちは森の中へ。
栗拾いだけでなく、やっぱり森に癒されるのがホントたまらなくて。

IMG_9160

アミアータ山はシエナ県とグロッセート県にまたがる、トスカーナで2番目に高い1738mの山。
ばーちゃん村はこの山の標高900mくらいにあります。
空気は澄み渡り、聞こえるのは葉がさざめく音、小鳥の鳴き声、
この時期は「ボサッ」と栗のイガが自然に落ちて着地した音(笑)
一度このイガが頭に直撃したことがありますが、人生でベスト5に入る痛さでした💦

IMG_9152

道付近は拾っている人が多いので、上ったり下ったりして
大きいのだけを選んで拾っていきます。

IMG_9177

もう、まさに「終わりなき栗拾い」、その気になれば何百個でも採れます。

IMG_9170

次男も大満足💛

そして少し疲れたら、空を見上げて一呼吸。

IMG_9166

黄葉と青空とのコントラストが最高!

IMG_9169

葉っぱが透けて見えます。

22406552_10209914910004645_1735640701441804763_n-1

空が見えないくらい、黄色の葉が重なり合う。

IMG_9163

あまりにキレイなので、最近写真撮らせてくれない長男もポージング決めっ!笑

IMG_9165

足元の黄葉も。

IMG_9175

キノコもいっぱいあるのだけど、知識のない私たちは触らず・・・
今度はマンマと来ないとな~(あとで写真見せたら、やっぱ美味しくないキノコでした)

ものの30分ほどで籠は栗でいっぱい、
そして何より、森に癒され自然のエネルギーをもらい、いい運動にもなりました!

セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終



Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ