イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

絶景

日々の中の絶景 vol.10 ばーちゃん家に向かう、南トスカーナの秋の風景

先週末は、オルチャ渓谷のばーちゃん村へ行っていました。
今回はコッレ・ヴァル・デルザ郊外の大型スポーツ店に寄ったので、
下道からモンテリッジョー二がよく見えました。

IMG_20171014_154443

よく通るのに、中へは中世祭り以来行っていないモンテリッジョー二、
久しぶりに行きたくなりました。
バスが通っていたので、バスツアーを企画しても良いかも?

それからシエナから再度下道に戻り、南下していくと、
10分くらいでド田舎の景色になります(笑)

IMG_9101

それから通る町は、ブオンコンヴェント。
「イタリアの最も美しい村」にも選ばれています

IMG_9111

ここも通るだけで、しばらく行っていません。
ここは電車の駅が旧市街から近いので、こちらも電車ツアーに入れるつもりです。
(サイト改訂をお楽しみに!)

ここを過ぎると、いわゆる「ォルチャ渓谷」ゾーンに入ります。
お馴染みの・・・

IMG_9123

サン・クイーリコ・ドルチャ郊外の糸杉。
今回も車窓からの撮影なので、うまーくトリミングしています(笑)

それからサン・クイーリコ・ドルチャ

IMG_9127

予想とおり?チンタラ走っていたバスが曲がってくれた(笑)

かさこさん撮影ツアーでも止まった、ピンクの家&糸杉。

IMG_9131

それから、ロッカ・ドルチャのテンテンナーノ要塞を見上げ、

IMG_9138

カスティリオーネ・ドルチャを右に・・・

IMG_9139

車道の左側、ここからの眺めがまさに、「ザ・オルチャの風景」
ここからばーちゃん村まではあと少し。

IMG_20171014_183021

ばーちゃん村に着いて、夕飯前にちょっと外に出ると、こんな夕焼けが💛
秋のオルチャ、最高です!!


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終



トスカーナを旅する、ベストシーズンは?

「トスカーナに行くのに、一番良い季節はいつですが?」
よく聞かれる質問ですが・・・目的によります!
ので、季節ごとに何ができるか?など書いてみます。

【 オリーブオイル、栗など、食祭りがメインの方 = 秋 
 ➡ ブドウの収穫は9月、栗祭りは10月、

IMG_8672

   トリュフ祭りやオリーブの収穫・搾油は11月です。
   
IMG_8897

   日本の紅葉ほどは色とりどりではありませんが
   紅葉の中のトレッキング、また霧の風景も情緒があります。


【 都市~美術館や教会などの訪問がメインの方 = 冬 】
 ➡ 何より空いてます!
   フィレンツェで美術館などの入場待ちが少ないのが
   11月初旬~3月末ころ
   (クリスマス~1月6日の祝日、イースター期間は除く)
   冬の町も雰囲気があって悪くありませんし、
   寒くなったら、バールでホットチョコレートで休んだり
   冬には冬の楽しみ方もあります!

IMG_0328

   町に寄りますが、11月末~1月中までは
   クリスマスイルミネーションも見られますし、

IMG_0918

   アッバディアのフィアッコレ

CIMG3331-1

   おらが村のプレゼーペ・ヴィヴェンテなど、クリスマスのイベントも!

   都市では、大晦日にコンサートやカウントダウンイベントも行われますよ。


【 田舎滞在で屋外で過ごすのがメインの方 = 春 】

12

 ➡ 田舎らしい美しい風景が見られるのは、やっぱり春か秋。

CIMG4802-1
ピエンツァの城壁沿いから見る、春のオルチャ渓谷

   緑の大地、黄色の花やひなげしの風景は4~6月になります。


【 田舎メインで中世祭りやひまわり畑を見たい方、海へ行く方は= 夏 】

IMG_6035
 ➡ 茶色の大地は夏を通じて、ひまわり畑は例年7月、

9-e

  また中世祭りの大半は7~9月に集中しています。

P1070841
モンテリッジョー二の中世祭りは、例年7月の2・3週目末です!

秋や春の海も眺めるだけなら良いですが、海水浴はやっぱり夏!

IMG_6593-2
ジッリオ島、やっぱり島は夏が一番かな~。

私個人的には、海のある風景はやはり夏がテンションあがります⤴


何よりお休みがとれる時期や、フライトやホテルの値段などもありますが、
ぜひ参考にしてみてくださいね。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終





日々の中にある絶景 vol.9 ある土曜日のテラスからの眺め

IMG_20170930_184658-1

こんな記事を2年半前に書きましたが、
毎日、こんな景色をいつでも見られるのに幸せを感じています。
最近ちょっとすっきりしないことが多かったので、この景色に癒されました💛


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




【チンクエテッレ】これぞ「崖っぷち」の村・リオマッジョーレ

IMG_8373

チンクエテッレの5つの村は、果たして1日で周れるのか!?」、
モンテロッソヴェルナッツァコルニリアマナローラに続く、
最後の村の紹介はリオマッジョーレ、ラ・スペッツィアから見ると一番近い村です。

駅から出ると、左側には海沿いの遊歩道「愛の小道」の入り口があります
※2017年9月7日現在閉鎖中、2018年春再開通予定だそうです
※チンクエテッレカードで入場できます

IMG_8374

そして右にはチンクエテッレ・ポイントのオフィスと、その先にトンネルがありますので

IMG_8375

このトンネルをまっすぐ進んで下さい。

CIMG6997

トンネルを抜けたら、左側はゆるい坂道が続く道、お店や飲食店がパラパラあります。

CIMG6980 (2)

時間がない方は、こちらには行かずに海の絶景ポイントにそのまま行きましょう。

CIMG6983

トンネル抜けてすぐには、色とりどりのタイルがあってキレイです✨

トンネルからそのまままっすぐ行くと、更に洞窟っぽいところに入り、
海へ行く道に出ますので、ここをまっすぐ行きます

IMG_8387
(写真は海側から撮影しています)

ボートレンタルがあるからか、道にはボートがいっぱいです(笑)

IMG_8388

そこから左右に海に下りられる道がありますが、左側の階段を行くと、
まさに「チンクエテッレ」の絶景が見られます!

CIMG6993

ここは岩場で柵などもないので、どこまで行くかは自己責任で💦
くれぐれも足元にお気を付けください。

まとめますと・・・
※ チンクエテッレならではの断崖絶壁にたつ様子が間近で見られる
※ アップダウンがある(特に海に下りるとき、山側のメインストリート)
※ 海沿いの遊歩道「愛の小道」の発着点

これにて6回!に渡ってお送りしたチンクエテッレ特集(笑)は終わりです。

夏場はフィレンツェから直通電車も朝・夕に1本づつあるので日帰りも可能。
玄関口となるラ・スペッツィアも今回のバカンスで初めて旧市街へ行って
なかなかよかったので、ラ・スペッツィアに前泊か後泊で1日がっちり
チンクエテッレのみを周るのも良いと思います。

ちなみに3年前に姪っ子と行った時は2泊3日で
1)フィレレンツェよりラ・スペッツィア経由、電車でチンクエテッレ(夕食まで)
  ラ・スペッツィア泊
2)ラ・スペッツィアから船でポルトヴェーネレ観光、夜にピサ移動
  ピサ泊
3)ピサ観光悪魔の橋、フィレンツェ帰宅
でした。

皆さんの参考になったら、とっても嬉しいです★


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




【チンクエテッレ】世界一のプレゼーペでも有名!マナローラ

チンクエテッレの5つの村は、果たして1日で周れるのか!?」、
モンテロッソヴェルナッツァコルニリアに続く、
4つ目の村の紹介はマナローラです。

IMG_8354

まずはやはり、あの絶景を見にひたすら海方向へ向かいます。

海の前のテラスに着くと、左右から下に下りられるようになっていますが
石で滑りやすい&濡れているので十分な注意が必要です。

IMG_8355

今回はすでに4つ目の村とあり、ここまでしか行かなかったですが
テラスから下りずに右側の海沿いの道を行くと、岩壁にマナローラの全景が見られます。

IMG_8360

テラス右下の海から見上げたマナローラ
(ちなみに下りたのは私だけ、ダンナと子供たちはテラスで待機・苦笑)

私たちはそのまま駅まで戻りましたが、他にもマナローラの見所はあります。

チンクエテッレの山側は、斜面一体がブドウ畑になっていて、
その様子が村の中の写真パネルでも見てとれます。

IMG_8366

そのワインの中でも希少な高級ワインが「シャケトラ」というデザートワイン。
このシャケトラワインの博物館が、海と反対側のメインストリート、
ディスコヴォーロ通りにあるそうです・・・どこを調べても番地がないのですが
興味のある方は、この坂を上って探してみてください!
(か、駅のインフォポイントやお店の人に聞いてみて下さい)
チンクエテッレカードがあれば入場は無料、と書いてあるサイトもありますが
チンクエテッレカードのサイトには記載がないので、要確認です。

そしてもう1つはギネス認定の大物(笑)、12月8日~1月末限定なので
私は行ったことがないのですが、一度見てみたい!
世界最大とギネス認定もされているプレゼーぺ(キリスト誕生シーンのジオラマ)
これは地元の鉄道員だったマリオさんが30年かけてコツコツ製作し、
2007年から点灯が始まったそうです。

そして今は閉鎖中(2018年春に再オープンを目指しているとか・・・)ですが
マナローラとその東横のリオマッジョーレ間の海沿いには
「愛の小道」と呼ばれる遊歩道があります。
整備された短い遊歩道なので、ゆっくり歩いても30分ほど。
中間にはバールもあるので、ゆったりと絶景を楽しむことができますよ。
こちらもチンクエテッレカードがあれば無料です。

まとめますと・・・
※ チンクエテッレならではの断崖絶壁にたつ様子が間近で見られる
※ アップダウンがある(特に海に下りるとき、山側のメインストリート)
※ 海沿いの遊歩道「愛の小道」の発着点
※ シャケトラワインの博物館がある(らしい)
※ 12月8日~1月末までは世界最大のプレゼーペが見られる

実は来月後半、マナローラのワイナリーに行ってきます!
またレポートしますので、楽しみにしていてくださいね。

そして最後の目的地は、リオマッジョーレです。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ