イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

絶景

日々の中にある絶景 vol.8 自宅の庭で花見♪

サマータイムになり、そして気温もグングン上昇!

IMG_2801

満開時期は過ぎたけど、我が家の放ったらかしの裏庭も、まだまだ「天然お花畑」 状態。

IMG_2799

ポケモンたちと花(笑)息子たちも庭で遊ぶ時間が多くなりました。

IMG_2802

そして、梨、リンゴ、ときて、今度は桜がもう7分咲き!

IMG_2803

ああ、キレイやなぁ~♥

IMG_2805

近づくと、もう蜂がスゴイです。きっと美味しい蜜なんやろうなぁ~♥

しばらく花見で愉しみ、次はサクランボやな・・・ウッシッシ。 


 セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   

キアンティ・ワイン&オリーブオイル農家の、3月の仕事

IMG_2663

先週末は、グレーヴェ・イン・キアンティで次男のサッカーの試合でした。
3戦全勝と気分よく(^^♪、せっかくなので挨拶しにいつものワイナリーへ

IMG_2677

アレッシアはアメリカ人とテイスティング中、おそらくマニーラの姑さんかな?
子どもを見てるおばさんに誰かいるか聞くと、フェルナンドがセラーにいるとのこと。

IMG_2678

いた(笑)
今、ワインの入れ替え中で、このタンクの蓋を閉めている所でした。

IMG_2679

樽に入っていた2015年収穫分のクラッシコと、2014年収穫分のリセルヴァ、
翌日に瓶詰ですが、2016年収穫分を樽に入れるため、いったんタンクに移動中。
「場所がないから、こうやって空いてる場所を使いまわしてるの」だそうです。

IMG_2691

ワインを抜いた樽は外に出し、沸騰したお湯を入れて洗浄中・・・
「まだまだ働かせられてるよ、はっはっは」 と言いながらも、
ワインづくりが大好きなフェルナンドは嬉しそう・・・きっと死ぬまで現役だと思う。

IMG_2676

オリーブの木も、今が剪定シーズン。
ここだけでなく、道中でも、剪定して地面に積まれた枝の山をたくさん見ました。
こうしてケアをして、また秋にたくさん実がなるんやなー。

ブドウの収穫は9月、オリーブの収穫は11月、それ以外の時期って何してるの?
って思いますが、こうして1年のサイクルの中で、いろいろな作業があるんですね。
年間1万本のこのワイナリーでは、全くの家族経営+収穫時のみ、友人が手伝うだけ。
木の手入れやタンク、樽、瓶への移し替えの他、ここは1年中、
ワイナリー見学とテイスティングを受け付けており、そのお客さんの購入だけで
ほとんどのワインが売れてしまうほど、たくさんの人が訪れます。
ただし、1グループごとにしっかり人がついて、
決して他のグループとまとめてやっちゃうことがないのがスゴイところ。

そしてワイナリーの素晴らしさはもちろんですが・・・

IMG_2681

やっぱりこの村が大好きすぎて・・・家族写真を撮りました。
転がってた樽の上にカメラ置いて、セルフタイマーで(笑)樽よ、外に出ててくれてありがとう)

更に帰りの車で、こんな可愛い写真も撮れて自己満足⤴

IMG_2694

信号待ちのヴェスパに載ったカップル♥
この道は狭いので、信号で片方づつ通るように設定されてるんです。
ちなみにこの建物はステファーニアのアパート&キッチンスタジオ
こないだのお客様の話聞きついでに会いたかったのに、残念ながら不在でした。

しかし、キアンティはいつ来てもいいなぁ~♪を実感!
皆さんも、ぜひぜひワイナリーや料理教室&宿泊で遊びに来てください。
お問合せはこちら。

行きの車窓からの動画はこちらをご覧ください。 

 セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします




トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   

日々の中にある絶景 vol.7 我が家の秘密スポット・春編

さて、昨日のスト で息子たち共々自宅で過ごすことになった訳ですが・・・
天気はムカつくぐらい(アルノルフォの塔からの眺めは最高やったやろな~)晴天☀
なので、いつもの「秘密の場所」に行ってきました。 

IMG_2147

息子達は「近道」の、自宅裏庭を通って、私は裏庭に続くキッチンの扉閉めなアカンので
玄関から出て、くるっと回っていく・・・そして我が家の裏側をテクテク上り・・・
ハイ、おらが村全貌。

IMG_2154

野生の水仙?なのかなぁ??

IMG_2155

馬ちゃんにも会えました♥
自宅の人参全部持って行って長男次男が半分づつあげたのですが・・・

IMG_2167

ビビラーの次男は、怖くてすぐに手を離す!
その後、なぜなぜしたかったのに、人参と間違えて噛んでくるので一旦撤退=3=3=3

IMG_2176

オリーブ畑を散策。
ここ一面お花畑になるのは、もうちょっと先かな。

IMG_2179

すると、馬舎裏手から、新入りちゃんが出て来てくれた!→ 動画はこちら
っていうか、単にお腹空いて草を食みに来ただけみたいやけど・・・
(奥の馬舎にいたので、今回は人参あげられず)

その後、また馬舎に戻って、お馴染みの馬をなぜなぜ・・・
動物大好きな長男はホントに幸せそうで、密着&チューされて?嬉しそう。

IMG_2189

一方ビビラーの次男は、ここでも触る事すらできず (;^ω^)

IMG_2200

長男の気が済むまで30分?馬舎を離れて、ちょっと休憩。

IMG_2203

「ナトゥーラ(自然)がめっちゃ好き♥」とつぶやく長男、
ホントにおらが村にマイホームを購入してよかったと思う。

IMG_2208

最後はおらが村を見下ろし、学校や幼稚園、友人の家など探し遊び。

その後は素麺でランチして、友人兄弟が遊びに来て、 私はお菓子を焼き・・・
・・・女性の日やなくて、子供の日やんか!?な1日でしたが
息子たちとゆっくり過ごせて、私も良いリフレッシュになったかな?

この「秘密スポット」の秋バージョンはこちら


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング    

シエナから簡単に行ける、「初めての小さな村」4選

フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選 が評判良かったので
今回はシエナを拠点にして簡単に行ける、小さな村のご紹介です♪
大半は トスカーナ自由自在のサイト に掲載されているので、リンクを参照くださいね。


1)ブォンコンヴェント

P1160082

シエナ駅から電車で25分(シエナ旧市街からはバスで1時間ほど)、
イタリアの最も美しい小さな村」にも選ばれています。
周りは新市街(住宅)が広がる平地にあるので、上からのパノラマありませんが
鉄道駅の斜め右前に旧市街の外壁が見えるほど、駅から近いので
まさに初心者にうってつけの小さな村でもあります。


2) モンタルチーノ

sP1010378

ワイン好きの方には外すことができない、イタリア屈指のワインの産地。
要塞からオルチャ渓谷を見下ろし 、路地も楽しめ(アップダウンが結構あります)
ブルネッロやロッソ・ディ・モンタルチーノなどのワインに酔いしれて下さい!
ワイナリー訪問したい方は、こちら(ここは車でしか行けません)


3)サン・クイーリコ・ドルチャ
オルチャ渓谷の町の1つ、庭園やコレッジャータ教会が見どころ。
小さな村ですが、B&Bやレストランも割合充実しています。

IMG_1788


4)ピエンツァ
言わずもがな、オルチャ渓谷よりも先に世界遺産登録された観光地。
ドゥオモや城壁上のパノラマなど、小さい中に見どころがギュッと詰まっています。 

CIMG4801-1

1)3)4)はシエナから112番のバスを使います。
ここは終点がモンテプルチャーノで、本数はそれほど多くないものの、めちゃ使える路線。
時刻表:シエナ→モンテプルチャーノ 、 モンテプルチャーノ→シエナ
トスカーナ自由自在でのお客様も、この路線でサンクイーリコ、ピエンツァ、
モンテプルチャーノに1~2泊しながら周遊した方もいます。
(ただ、高台からオルチャを見下ろすのに テンテンナーノ要塞 に行きたい、というのと
 写真スポットに止まりながら行きたい、とのことで、
 サンクイーリコとピエンツァの移動はバスを使わずに ハイヤー をご利用いただきました)

ちなみにサンジミニャーノ、 チェルタルド 、 コッレ・ヴァル・デルザ は
シエナとフィレンツェの間にありますので、どちらからでもOKですし、
フィレンツェ⇔シエナ移動の時に寄るのがおススメです。 

サンジミニャーノはバスあるいは鉄道でポッジボンシ乗り換え(または直通)で、
ポッジボンシからはバスで25分~時刻表は下記リンクを参照ください。
ポッジボンシ(シエナ)→サンジミニャーノサンジミニャーノ→ポッジボンシ (シエナ)

フィレンツェ編でも書きましたが、ツアーや大都市しか旅行したことのない方には
ハードルが高いかもしれません・・・しかし!小さな村オタクの私としては
観光地から一歩出て、また一味違うトスカーナを感じて頂きたいと思います。
どーしても無理!でも行きたい!行ってみたい!という方は、
ハイヤーアテンドのご依頼をお待ちしています♪


関連記事:「フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選


 セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします



トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳ならイタリア情報ブログランキング   

夏とは違う美しさ~冬のルッサーリ山とその集落

今回スキー旅行に行ったタルヴィージオには、2011年の夏のバカンスでも行きました。
B&B Klement に3泊して周辺の湖や高原を周り、どこも本当によかったんですが
その中でも印象に残っているのが、このルッサーリ山。

P1230083

ノープランで行ったのですが、超優秀な観光デスクのお姉ちゃんに教えてもらい
子連れでも楽々、ゴンドラで頂上まで一直線!

そして5年半後の冬・・・

IMG_1207

本当はこんなのが見たかったけど・・・

P1230079

いかんせん雪不足💦
それでも、夏とはまだ違う風景にやっぱり感動~💛

この集落ができたのは、おそらくこの教会ができたから。
いや、正式には教会ではなく、サントゥアーリオ=至聖所、と呼ばれる巡礼地です。

IMG_1246

このサントゥアーリオは第一次世界大戦の爆撃による火事で焼失したため
建て直されたのは近年ですが、650年以上前に遡る伝説が残っています。

1360年、カンポロッソの羊飼いの羊がルッサーリ山で行方不明になった時、
茂みの中の聖母とキリストの像がある場所でひざまづいているのが発見されました。
その様子を描いた絵が、中にありました!
(ていうか、たまたま撮影していて、あとで調べて「コレやー!」と一人感動)

IMG_1250

羊飼いはその像をカンポロッソの牧師に預けたが、翌日、また同じ場所で見つかり
羊たちもその場所で同じくひざまづいていた。
また持って帰るものの、その翌日も同じことが起こったので、
神様のお告げとして、この場所に礼拝堂が建てられ、
これがこのサントゥアーリオの起源とされています。

巡礼者も訪れるので、ホテルや飲食店・お土産店が周辺に数軒。
建物がいかにも北イタリアの山~って感じでカワイイ💛

IMG_1229

ルッサーリ山はタルヴィージオのスクールゲレンデとつながっていますが、
スキーで行くには遠い&中級以上のゲレンデしかないので、
子供たちのスクールが終わった最後の2日間、車でルッサーリに行きました。

初日のランチは、夏にも行った集落一番奥のレストラン。

IMG_1234

天気もよかったので夏と同じようにテラス席へ。

IMG_1239

だってこの絶景やもん!!・・・ただやっぱり寒かった💦

子供たちがスクールの時はすぐ近くのバールでパニーノだったので、
フリウリらしい暖かいものをセレクト!
ダンナはグラーシュ(牛肉の煮込み)のポレンタ添え。

blog-1

私は好物のキノコスープ・・・トスカーナのとは違ってミルク仕立て、
そしてパンは入っていない!
同じメニューでも、やっぱり州によって違うのが面白いところ♪

この日は時間もなかったし、寒すぎたのでデザートは食べなかったけど

P1230093

夏はストゥルーデル(アップルパイ)とミックスベリーのケーキも食べた。
これもとっても美味しかったので、おススメです★

翌日のランチは、集落に入ってすぐのリフージョ(山小屋・避難所、の意)で。

IMG_1270

ダンナはフリーコというチーズが入ったジャガイモを焼いたものと、
付け合わせは、やっぱりポレンタ(笑)
このフリーコがもっちり&こってりで、癖になる美味しさ!

blog-2

私はその前のゾンコランのチェノ―ネで出て好物になった、オルゾット、
赤チコリとサルシッチャという、やはりこの地ならではの組み合わせで。
オルゾットは、リゾットのお米の代わりに大麦を使っています。

それからここから見る絶景も最高!

IMG_1284

後ろ側は2000m級の山があるので白いですが

IMG_1285

向こう側は緑の山&ゲレンデはほとんど人工雪でした💦

IMG_1268

またいつか来られるかな?
今度は雪化粧をまとったサントゥアーリオを見てみたい!


selfmagazine

 私のことを知りたい方、単に見てみたい方、活動内容に興味のある方、
このマガジンを置いてもいいよ!と検討下さるイタリアンレストランや
イタリアに関係するショップの方、イタリアに関係なくても応援して下さる方、
個人・法人の方を問わず、無料で送付させて頂きます。

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします)

※次回送付は、1月半ばとなりますので、ご了承くださいませ。

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ