イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

要塞

マレンマ地方の凝灰石の町・ソラーノ

南トスカーナ・マレンマ地方の山側には、凝灰石の町がいくつかあり

過去にピティリアーノソヴァーナは訪れたものの、未踏だったソラーノ、

ばーちゃん村滞在中、車で南に約1時間、念願のこのソラーノに行ってきました。


IMG_7359


いつも写真で見ていた全景はどこから?と思っていたら、

たまたまたどり着いた駐車場から旧市街へ向かう道でした。

緑に囲まれた古い町並みが、なんとも言えない美しさ、

たった車で1時間なのに、ぱっと見ただけでもオルチャの村とは雰囲気が違います。


私たちは市役所のある広場を通り、この門を通って旧市街に入り


IMG_7364


たまたま村をあげての職人展が行われていたので、道も


IMG_7373


「コルティローネ」と呼ばれる16世紀の麦倉庫にもスタンドが並びます。


IMG_7383


それからコルティローネのある広場から階段を上り、

ソラーノのシンボルである「マッソ・レオパルディーノ」と呼ばれるテラスへ


IMG_7387


ここから旧市街と、旧市街の向こう側にある要塞も見られます。


要塞に行く前に、車を停める前に通った道から違うパノラマを・・・


IMG_7406


要塞をしっかり見たかったけれど、長男が興味持った特別展だけを見て時間切れ・・・

IMG_7417

ここソラーノとソヴァーナのゾーンには遺跡公園があり

来年のイースター休暇では、1日かけて要塞と遺跡公園をトレッキングする予定です。


IMG_7382


ソラーノの前にある絶壁の穴は、エトルリア時代のお墓だそう!

(スタンドを出していた地元お店のおばちゃんが教えてくれました)


マレンマと言っても広く、山側マレンマでもこの凝灰岩の主要な村3つ

ピティリアーノ、ソラーノ、ソヴァーナ)とサトゥルニア温泉があり、

海側も昨年行ったカパルビオポルト・サント・ステーファノのあるアルジェンタリオ、

更にジッリオ島、まだ未踏のポプローニアやマッサ・マリッティマなど、

本当に見所がたくさん・・・フィレンツェよりもローマからの方が近いので

ローマ~フィレンツェの移動がてら、数日かけてマレンマ周遊もおススメです!



セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


オルチャ渓谷で超おススメ!の、マルタのレストラン

IMG_7206
オルチャ渓谷のばーちゃん村に到着した、最初の夜は外食。

ローマのダンナの幼馴染家族と一緒に、同じく幼馴染のマルタの店へ。

トスカーナ自由自在でも紹介しているBBのレストランで、

この10日前に、お客様が2泊&料理教室をされたばかりです。

ロッカ・ドルチャに散策がてら寄ることはあっても、週末以外は夜だけなので

何気に食事に来るのは初めて!!


IMG_7243

やはり例年よりは暑いので、テラス席(最後の1席をギリギリ予約でGET!)

IMG_7245


BBやレストランの内装も可愛いですが、メニューも可愛い💛


IMG_7249

注文した料理を待っている間、豆ペーストのカナッペとサラミのおつまみサービス。


IMG_7255

せっかくなので、オルチャの赤も1本注文。


IMG_7257

メニュー以外にあるこの日の料理が口頭で説明されたけど、数も多いし、迷う!

しかも、「ザ・トスカーナ郷土料理」というのは少なく、

他ではなかなかないようなものが多くて、どれもこれも食べて見たかったのですが・・・

私はシエナ特産高級豚・チンタのフィレにポロ葱・バジル・はちみつのソース添え。


IMG_7260


このフィレが超~柔らかい上、ソースが抜群に美味しい!!


IMG_7263

更にダンナが注文した、イノシシのキイチゴソースがまたウマい!!


チンタ豚にしてもイノシシにしても、

普通ならシンプルにグリルかトマトやワイン煮込みばかりだけど、

合わせるソースが斬新でかつ、本当にそれぞれのお肉に合うんです。


IMG_7258

私の付け合わせ、ナスのリコッタチーズクリーム添えも、

子供たちの手打ちパスタ(マルタの手作り)も、デザートも全て絶品。


IMG_7264

ボリュームはそれほど多くもなく少なすぎず、

凝った料理が適正価格(プリモが8ユーロ~、セコンドが11ユーロ~)で、

ゆったりと素敵な夜を過ごすにはもってこい。

車でしか行けないところですが、レンタカー派の方でオルチャで食事する方、

そしてもちろん、一番のおススメは宿泊をして、夜はここで食べて、料理教室!

ここ数年のお客様のパターンだと


1日目:フィレンツェまたはシエナ発でハイヤーでオルチャを観光、BB

2~3日目:料理教室、テンテンナーノ要塞に上り、

      徒歩でカスティリオーネとロッカの村を散策

4日目:ハイヤーでフィレンツェへ


お2人で2泊3日、料理教室、ハイヤー(2日)でお1人680ユーロ~。

たっぷりとオルチャの見所を周り、食を堪能できるおススメの滞在プログラム、

ハイヤーで周る場所は、ご要望に合わせてコーディネイトしますので お問合せ下さい !


Cisterna nel Borgo

ロッカドルチャの中心の井戸のある広場、迷うことはありません(笑)

下から上ってくる人は駐車場に停め、村の門を入って直進すれば広場に着きます。

要塞の駐車場から来る人は、下って行けば広場に着きます。



セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング


かさこさんとトスカーナ周遊どこへ行く?2 ~ オルチャ渓谷

サンガルガーノ の後は、かさこさん が当初から行きたいと言っていたここ。

IMG_5202


私はいつも 車中撮影 ばかりで、車から降りたのは10年
以上ぶり!
あいにく曇り空でしたが、しっかり後ろにモンタルチーノも見えました。
糸杉のある反対側も、波を打つような粘土質のクレーテ・セネーゼの大地。
この道を、いつまでも駆けていきたい衝動に駆られます(笑)


IMG_5201

かさこさんも、激写、激写。

IMG_5199


空が高ーい!

IMG_5208

さて、そこからどこに行くか?
初めてオルチャに行く人にとって、王道なのがおそらくこの モンタルチーノ と
単体で世界遺産にもなっている ピエンツァ でしょうが、
かさこさんにはここは提案せず、やっぱりインパクトのあるここ。

IMG_5217

IMG_5215


村のど真ん中に古の浴場が残っている、バーニョ・ヴィニョーニ 。

IMG_5220


ここで簡単なパスタランチ、私はシエナ県に来れば絶対!のうどん系パスタ・ピチ、
かさこさんはラルドとサンジョヴェーゼワインで煮込んだソースに
ペコリーノをふりかけたスパゲッティ。

IMG_5222

どちらも美味でした!外もいいけど、中庭が日陰で落ち着きます。
Osteria del Leone

そして、オルチャはやっぱりその雄大な絶景を上から楽しんで頂きたいので
ブログ でも たびねす記事 でも推しまくってる、ここ。

IMG_5242


ラディコーファニの要塞。

IMG_5246


まさに360度のパノラマが見渡せる、オルチャ渓谷で一番高いパノラマスポット。
私の思惑通り、かさこさんも。スゲェ、スゲェを連発。

IMG_5249


そして村も味があって、かさこさんも「いい村だな~」とぶつぶつ言いながら(笑)
ひたすらシャッターを押しまくる・・・やっぱここは一押しやな!

短時間でありながら、私一押しのオルチャを堪能して頂いたところで、
更に車を南に進めます=3=3=3


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング   


サンマリーノ共和国の「3つの塔」

サンマリーノ共和国は、予想以上に観光地でした(笑)
町はキレイで散策も楽しいですが、お土産屋さんとファストフード的なお店がいっぱい。
そういう場所はあまり好きではない私ですが、これらがあるから、良いのです・・・それは!

IMG_4456

要塞!!
・・・しつこいくらい書いてますが、要塞フェチなんです、私。
ここサンマリーノは旧市街が城壁に囲まれているだけでなく、
なんと3つも!3つも!!要塞があり、要塞好きにはたまらない国です(笑)

IMG_4461

まずは、「第一の塔」と呼ばれる要塞へ・・・一番古く、11世紀の建設です。

IMG_4465

外周をまず周りますが、霧が濃くて真っ白・・・絶景パノラマは見えず💦

それでも塔の上にとりあえず上ってみる。

IMG_4474

一番最初の階段が急で最後はハシゴ状態。
あとが心配になりましたが、その後はなだらかな普通の木製の階段でした。

IMG_4477

IMG_4479

霧がありつつも、それが逆に神秘的な感じ!

IMG_4501

その次は、「魔女の細道」という散策路で「第二の塔」へ。
(写真は後ろを振り返り、第一の塔を見たところ)

IMG_4504

第二の塔は旧市街のあるティターノ山の頂上750mにあり、13世紀の建設。

IMG_4509

そこからまた、今度は森の中の散策路を行き、第三の塔へ。

IMG_4512

第一・ニの塔は要塞になっていたけれど、これはホントに塔だけで外部からしか見られません。
元々の建設は1320年ですが、1930年に一部再建されています。

IMG_4516

それからテクテク来た道を戻り、第二の塔からは城壁沿いを歩いて旧市街へ戻りました。

第一・ニの塔は入場でき、それぞれ4.5ユーロの単独チケットか、
2つの塔とその他3つのミュージアム5つの共通入場券10.50ユーロがあります。
私たちはミュージアムには入らないので、入場は第一の塔だけにしました。

ここで要注意!は、チケットはプラスチックの電磁式で、使用後に返却すると
1枚1.5ユーロ返金されます・・・が!窓口では購入時に案内がありませんでした。
たまたま帰り際聞いたら、「記念に持って帰ってもいいわよ?」と言わましたが、
返金のことは言わず!いらないから返したら、お金が戻ってきたという💦
当たった人が悪かったとはいえ、なんでそういうセコイことするかなー(;^ω^)

それはさておき、その他サンマリーノ共和国の観光案内はこちら
リミニからバスが出ているので、割合簡単に行けそうですよ。


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング  




オルチャ渓谷一の高さを誇る「ラディコーファニの要塞」

要塞フェチの私は長年行きたかったところ・・・それはラディコーファニの要塞。
これまたばーちゃん家から近いのに、町には9年前に一度行ったことがあれど、 
長男がヨチヨチ歩きで要塞までは行けなかったのです。

今回はイースターランチの後に、天気も最高の中にテンション高めに出発!

IMG_3339

オルチャ渓谷で一番高い場所にある町なので、遠くからでも見えるこの風景。
高みにニョキニョキっと生えている(笑)のが要塞の塔です。 

村には行かず、FORTEZZA(要塞)と書かれた標識に進むと、
チケット売り場のある駐車場があります。1人4ユーロ。

IMG_3351

中に入ると、も~う、私は大興奮=3=3=3 カッコよすぎる!! 
(いちいち変顔&変ポーズする次男、面白すぎる!) 

まずは塔周辺の草原を歩きます・・・・

IMG_3352

裾野がゆるやかなアミアータ山も全景がくっきり。
ばーちゃん村は見えませんでしたが、アッバディアピアンカスタニャイオが見えます。 

今度は5つある稜堡の下をくぐってみたり
 
IMG_3359

中は1200年代末の建造当時のまま、

IMG_3383

すごいレンガの積み方~芸術的! 

IMG_3406

そして一番の見どころ、塔にも上ってみます。

IMG_3416

中はミニ考古学博物館になっており、ここで発掘された土器などが展示されています。

IMG_3418

階段は近代的なもので、やや急ではあるものの、手すりもあって上り下りしやすいです。

そして上からのパノラマは・・・

IMG_3419

数々の要塞、オルチャ渓谷内のほとんどの要塞を制覇してきましたが
やはり一番高く障害物もないにもないので、360度見渡せるこの要塞からの眺めが
NO.1!と言っちゃってよいでしょう!!
写真では360度が分からないので、公式サイトにあった動画で堪能して下さい!



とはいえ、一番は実際に訪れて、その目で見て頂きたい絶景中の絶景。
要塞そのもの、塔からの眺め、そして緑の広大な 敷地はいつもとは時間の流れも違います。
オルチャ渓谷の中でもマイナーな町だし、公共の交通機関がほぼない行きにくい場所ですが
ほんとに来ないと分からない価値がありますよ。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします

 

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング     
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ