イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

遺跡

ローマを周るのに、いったい何日必要?

イタリアに限らず、旅行でどの場所に何日必要か?悩むことも多いかと思います。
イタリアの首都であるローマはその最たるもの・・・

私的には、最低でも2日、じっくりなら5日!

これは11月のお客様の行程で再確認したもの。
というのも、先日のお客様のパターンは1泊2日、ご希望は
= コロッセオとヴァチカンは行きたい、あとは有名どころを適当にさらっと。
だったのです。

ちなみに、コロッセオは時間指定なしでチケット先行購入、
ヴァチカン博物館は時間指定予約をしているので時間ロスはほぼなし!

参考までに今回の「ルート&タイムスケジュール」1泊2日のを書き出してみますね。

【1日目】
10時半頃 ローマ到着、駅近くのホテルにチェックインして11時過ぎに出発。
以下、全て徒歩で移動
少し食べたいとこのことで、パスタ+αを近くのレストランで。

12時半頃 サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂

IMG_9835

IMG_9842

13時半頃 コロッセオ

IMG_9855

IMG_9851

14時半頃 フォロ・ロマーノ(コロッセオと共通券)
あまり歩きたくないとのことで、相談の上、パラティーナの丘には行かず。

IMG_9858

インペリアーレ通り出口から出て、お茶休憩

15時半頃 カンピドリオ広場~パンテオン~ナヴォーナ広場、お茶休憩

IMG_9861

IMG_9863

IMG_9866

16時45分頃 トレヴィの泉

IMG_9873

最寄乗り場からタクシーに乗車

17時15分頃 サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂

IMG_9877

IMG_9889

地下鉄にてテルミ二駅へ
18時半頃 レストランで夕食
20時頃 ホテル戻り

※コロッセオでチケットを事前購入した人は、チケット購入に並ぶ列に行かないように。
 とにかく係員にチケット見せると誘導してくれます(笑)

フォロ・ロマーノは広大なうえアップダウンもあります
 全部じっくり周ったら2時間はかかりますので、
 時間と健脚具合によって見る場所を決めましょう。
 出入口のチェックも忘れずに

バスは観光客にはやや難関+歩いた方が早い所もあります。
 地下鉄がないところで長い移動はピンポイントでタクシー利用が便利
 ただし流しのタクシーはないので、最寄のタクシー乗り場を現地人に聞きましょう。
 だいたいの有名観光地近くにはあります。
 ちなみにトレヴィの泉~サン・ジョヴァンニ・ラテラーノ教会までは15ユーロ以下でした。

コロッセオ前にどこか見たいとのことでご案内したサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂、
 そこで「ローマ4大バジリカ」の話をしたら、他も行ってみたいとのことだったので
 急きょ、最後にサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂も追加。
 あと2つはヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂と、
 サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂ですが、今回時間なく後者は訪問せず。

【2日目】
8時半頃 チェックアウト、荷物を預けて出発、地下鉄乗車

9時半頃 ヴァチカン博物館入場(3時間見学)

IMG_9914

IMG_9933

IMG_9946

12時半頃 ランチ

13時15分頃 サン・ピエトロ寺院に並ぶ、30分後に入場

IMG_9949

IMG_9951

IMG_9956

14時半頃 サンタンジェロ城(外観のみ)、サンタンジェロ橋

IMG_9963

15時半頃 タクシー乗車、スペイン広場経由(写真のみ、タクシーは待機)

IMG_9964

16時頃  サンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会

IMG_9974

16時15分頃 ホテルに戻り、荷物ピックアップ、テルミ二駅へ
18時すぎ フィレンツェ到着

※ヴァチカン博物館近くになると、歩道に柵ができていて予約ありなしが分かれます。
 ここでも係員にバウチャー見せると誘導してくれるので、中にそのまま入ります。
 バウチャーの種類にもよるでしょうが、私たちはオンラインと書かれた窓口でチケットに替え、
 そこから博物館入場でした。

博物館はとにかくデカい&スゴイ人で、仲間と見失うとエライ事になります
 はぐれた時は出口に〇〇時、とか決めておくと探すロスも少ないのでは?

※サン・ピエトロ大聖堂は並ぶしかなく、大聖堂を正面に見て右側に丸く列ができています。
 列の長さのわりに進むのは早いです~私たちは列最後がコンチリアツィオーネ通り
 (ちょうど広場の半分、大聖堂の真正面)くらいから並びましたが、30分で入れました。
 大聖堂の入場と言うより、荷物&ボディチェックの列です。

他にも博物館ならボルゲーゼ博物館、カンピドリオ博物館、サンタンジェロ城、
教会でもサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂、骸骨寺、
カラヴァッジョが好きな方ならサン・ルイージ・ディ・フランチェージ教会や
サンタ・マリア・デル・ポーポロ教会もあるし、
ミケランジェロ好きならサン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会もあるし、
ゾーン的にはトラステヴェレやアッピア旧街道も・・・
あ、やっぱり真実の口は行きたい、と言う方もいらっしゃるでしょう。

とにかくローマは広くて見所が多すぎます、まさに永遠の都。

CIMG7419
これは2014年に姪っ子と行った時の写真

なので、やはり最低でも2日、できれば3日、4日・・・1週間でも?
悩ましい所ですね(笑)


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終


   

リヨンは1日で観光可能!私が実際まわった場所とコースをレポート・その2

その1からの続きです。
到着日はテロー広場からブレスト通りを歩いて南へ、ヤコビン広場へ到着しました。

IMG_0428

そこからソーヌ川方向を見ると、フェルヴィエールの丘の大聖堂が美しく✨

IMG_0437

まだ時間があったので、橋を渡って旧市街にも行ってみました。

IMG_0433

あとから気づきましたが、この大聖堂の位置で現在地がどっち側か分かりますね。
フィレレンツェだとドゥオモのクーポラと同じ役割!

IMG_0434

ソーヌ川から見る夕暮れも美しく、1人、テンション上がりまくりの私(笑)

IMG_0435

橋の向こう側にはこんな彫刻も。
ソーヌ川ももう1つのローヌ川も、結構橋の数が多いので橋比べも面白いです。

世界遺産であるリヨンの旧市街は石畳の素敵な路地や広場があって

IMG_0682

散策が楽しい~名物菓子のプラリヌもあちこちに(別の日に訪れた小さな村で食べました)

IMG_0438

別の日に旧市街に来たときは、リヨンの食堂・ブションでランチしました!
これはまた後日(食事は超重要項目なので詳しく別で書きます・笑)

IMG_0440

旧市街の南端にあるサン・ジャン教会も美しいです✨

そこからすぐ先の旧市街駅「Vieux Lyon」駅からケーブルカーに乗って
フェルヴェールの丘まで1駅。

IMG_0719

チケットは地下鉄・トラムと共通です。

IMG_0721

着いて登ったら、すぐにノートルダム大聖堂がドドン!とお出迎え。

IMG_0722

ゴシック建築らしく、ステンドグラスが大きくて精巧で美しい!

IMG_0723

地下礼拝堂もありますが、これもすごく大きいです。

IMG_0730

大聖堂を出た後は、教会裏のビューポイントに寄るのもお忘れなく。

IMG_0734

クロワ・ルースよりも高いので、町全体が見渡せます。

IMG_0737

その後は、大聖堂に背を向けて左へ降り、ローマ劇場跡へ。
なかなか大きく、コンサートなどのイベントもよくやってるそうですよ。

そこから徒歩で旧市街まで戻り、さらにそのまま橋を渡り・・・

IMG_0739

最大の広場であるベルクール広場へ。ほんとでっかい(笑)
私は今回使ってませんが、観光案内所もこの広場(観覧車近くの建物)にあります。

IMG_0427

そこから小さいアーケードを通って北上しながら、
ブレス通り&レピュブリク通りでちょっとショッピング。

IMG_0742

この建物が何かは覚えてませんが💦 ライトアップされてとてもキレイでした。
それからプラデル広場まで戻り、家路へ。

なかなか主要ポイントを押さえて効率よく回ってるののでは?と思いますが
ガイドに載っている場所で行かなかった(行けなかったのは)
※老舗チョコレート専門店・ベルナション(大統領のケーキ!)
※コンフュレンスの開発地域
※テットドール公園

くらいかな。
ま、友人も住んでることだし、また家族で行くことあるかなー?

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング
 
Profilo

くみこ

フィレンツェ郊外の田舎にダンナ&息子2人で暮らす。通訳・翻訳、トスカーナ専門のコーディネイター・ライターの仕事をしつつ、愛着を持つトスカーナの田舎や小さな村、イベント、郷土料理レシピなどを発信・個人旅行の提案を行うサイト・トスカーナ自由自在を運営。
デカい・黒い・よくしゃべるので、日本人には見られないコテコテ関西人。

Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ