イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

雑感

ハグの効用

日本にいると恋人や配偶者、あるいはスポーツの試合など以外では、
ハグをするのは日常的ではありません(ですよね?)
家族同士のスキンシップも、子供が小さいうちだけでは?
イタリアにいると、挨拶の頬にチュッチュやハグは日常生活にも欠かせません。

私も最初は恥ずかしかったものの、慣れれば平気になり、
家族だけでなく、今では自分からも使うことが多くなりました。
それはやはり、愛情というか、気持ちが伝わりやすくなると思うから。
言葉がなかったとしても、とても落ち着くことができるというか、
更に言うと、言葉が見つからない時はハグで気持ちが伝わると感じます。

27073013_1556553497786196_7925689852516150807_n

まさにそれを実感したのがこの火曜日。
8月に癌が発覚して闘病をしていた、隣人のご主人であり
長男クラスメイトのお父さんでもあるフランコが、日曜の朝に亡くなりました。
同年代の家族として私たちが引っ越してきた時から、
いろいろ教えてもらったり、庭やテラスでおしゃべりしたり、
うちの網戸やストーブの設置もしてくれた、ガテン系は何でもできる、
そして本当の人が良くて人望の厚い人でした。

自身もお父さんを14才で失くし、昨年2月にお母さんを癌で失くし、
1年もたたないうちに、しかもこんな若さでご主人を失ったエレナ。
彼女の性格を考えても、そして私自身もどう声をかけて良いか分からず
容体が悪いことが分かった12月から、まともに顔を合わせることがありませんでした。
(何より彼女が外出はおろか、庭やテラスにも出てこなかった)

そしてお葬式の朝、出席するはずが次男の発熱でそれさえ行けなくなってしまった。
しかし、朝ドアの音がしてエレナがゴミを出しに行くのを窓から見たので
帰ってくるタイミングでドアを開けました・・・何を言っていいか分からないまま。
それでも私の様子も察してか、いや、きっと彼女も何を言っていいか分からなかったのか
ただただ黙って数分抱き合いました。
彼女は泣いてないのに、私が声を出して泣いてしまい、それ逆やろ!状態。
それから何を言ったのか覚えてないけれど、
あのハグでお互いの気持ちは伝わったのでは・・・と思います。

そしてこの数日は、滅多に病気しないだけに、いつも以上に甘えん坊の次男。
何かにつけて抱っこ、抱っこですが、それもきっと一番の元気になる薬かな。



セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




縦か?横か?写真撮影で気を付けたいこと

トスカーナ自由自在の大幅改訂のため、ただいま過去の記事を全て見直し中。
写真を選びなおす際、何使うかで撮影の時にもっと気を付けないとなー💦
とまさに、痛感しているのです。

まず1つ目が、写真は縦か?横か?ってこと。
私は個人的に、縦写真が好き。

ギャラリー-2

あと、特に背が高い建物だとか路地なんかは、
縦写真の方がおさめやすいものが多い、ってのもあります。

でも往々にして、サイトに使用する場合だと、横写真の方がいいんですよねぇ。
スマホで見る分にはそれほど気にならないかもないかもしれないけど、
PCで見ると、縦写真1枚だとすごく間延びする、デカすぎる。
だから今、写真の見直し・入れ替えで自分が撮影した写真から選ぶ時、
うわ、縦写真ばっかりやーーー、どないしよーーーー💦ってことが多いのなんの。

一方、人物写真専門カメラマンの笠谷さんが前にFBで書いていたと思うのだけど
逆にFBやインスタの投稿だと、縦の方が写真が大きくなるのでインパクト大!
それにも納得・・・

てことは?
使う用途で縦横を決める。
いかようにでも使えるように、縦でも横でも撮っておく。
どちらかというと横、縦に使いたい時はトリミングできることも多いから。
でしょうかねぇ。

他にも写真を撮る際、依頼する際に気を付けたい事は、下記のブログでも書かれていました。

写真をビジネスとして依頼する際、分野関係なく大切なひとつのポイントとは?

セルフマガジンを作るときの写真撮影のベストタイミングは誌面構成ができてから。


サイト見直し中の覚書でした。



セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




私にとっての「1月17日」

昨日・1月17日は、私にとって特別な日・・・いや、「鬼門」とも言える日です。
日本で1月17日の朝、イタリアでは16日の晩のフェイスブックのタイムラインでは
阪神大震災関連の投稿がたくさん上がってきました。

忘れもしない23年前のあの日、私は卒業間際の大学生で、東京で生活していました。
朝出かけ間際にささっとTVで見た時には、神戸で地震、死者5名?とかで
あまり気にかけずにそのまま大学の図書館へ、用事を済ませに行きました。
たまたま知り合いにも合わず、そのまま夕方に新宿のバイト先に行くと
「アンタ、実家は大丈夫なの!?」
すぐにはその言葉を理解できませんでしたが、話を聞き、顔面蒼白に。
公衆電話の方がつながりやすいと言うので新宿駅まで走りました。
何度かけてもつながらず、泣きながら、何度も再ダイヤル・・・
大阪の方がつながりやすいかも!と祖母宅にかけてつながり、家族の無事を知ったのでした。

それから、確か2年後の1月17日。
大阪で就職が決まって実家に帰り、仕事で忙しくしていた頃、
この日も夜遅く家に着くと・・・電気がすべて消えていて、鍵もかかっており、誰もいない。
テーブルに置かれた置手紙を見て、全身が凍り付きました。
母が交通事故。
書いてあった病院に電話すると、命はとりとめたものの、頭部を強く打っており
他にも顎やお尻の骨が折れ、外傷が酷く、後遺症が残る可能性があるとのこと。
4か月後に退院したものの、1年くらいはヨチヨチ歩きでフラフラしていた母ですが、
幸い後遺症は残らず、今ではそれが信じられないくらい元気です。

それから確か8年後、私が結婚した翌年の1月17日。
私のイタリア留学の時も、誰よりも応援してくれた祖父が亡くなりました。
88才だったし、数年闘病生活をしていたので上の2つより衝撃的ではなかったけれど。
祖父の意向で私には危篤は知らされず、両親からも大丈夫だから、帰国しなかった。
私がイタリア人と付き合っていることを知り、「何しにイタリアへ行ったんや!」
とちょっと怒っていたらしいけど(笑)、結婚前にダンナが来日した時は
「エエ男や、変な日本人よりよっぽどエエ」(笑)と太鼓判を押してくれた祖父。
今でも私たちを見守っていてくれるような気がするなぁ・・・

こんな訳で、私にとっては事件がありすぎるくらいの1月17日。

IMG_1970

今年は何もないよな!?と毎年ちょっと気になるんですが
2018年の1月17日は雹が降った日がさしたり変な天気、てこと以外は
何も変わったことのない、平穏な1日で終わりました。

いつ、何があるか分からない。
前にもこんなことを書きましたが、こんな平穏がいつまでも続きますように。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




カラブリア ⇔ おらが村、意味不明の3か月往復の旅

いや~やってくれますねぇ、Poste Italiane(イタリア郵便)!
一昨日、ポストに大き目の封筒が入ってたんですが、目を疑いました。

IMG_1958

なんてったって、私が9月28日におらが村郵便局窓口から出したものだから!
それが、ね、これが・・・

IMG_1959

10月6日にカラブリア州に着いてるのにも関わらず!!!
返送理由が「転居」 
宛先の友人に確認してみたけど・・・
住所あってるし!
転居してないし!!
日本語で表札もちゃんと出してるし!!!
いっつも届いてるし!!!!

「なんで届かないのーーーー!?」と、友人もショック隠せず💦

更に、これが返送されて私に着いたのが年明けて1月12日!3か月強!!
一体、どこをさまよってたのか~???
同じフィレンツェ県内で3か月かかった経験もあるので
カラブリアからだから、まぁそれくらいかかって普通?(違)

ちなみにこれはセルフマガジンだったんですが、
同時に送ったフランスの方には10月の頭に着いていました・・・
よくフランス在住の友人とはこういうネタで「どっちもどっちだよね~」
と笑っているのですが、今回はイタリアの勝利(いや、敗北!?)
・・・全然嬉しくないけど!!!!!

そういえば、まだカレンダーも着いていない(号泣)


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




小さな村の底力!無料で楽しめるイベント×2

一昨日にアミアータ山スキー場アカンな~記事を書いたばかりですが・・・
ホントにお金がないはずの小さな村でも、
熱意や工夫があれば楽しいイベントを無料で開催できる、
っていうのを実感するイベントに、1月5日&6日に行ってきました。

1つはばーちゃん村、5日の晩の広場でのイベント。

IMG_1720

スキーにそっち行くよ~と義妹に言った時に教えてもらいました。
村の中心的な広場で、無料で炭焼き肉のパニーノや飲み物を振舞ってくれます。

IMG_1706


IMG_1707

5~6日の晩にやってくるベファーナ(良い子にはお菓子、悪い子には炭を届ける)も
20時にやってきて、太っ腹にも、おもちゃを配ってくれるんです!!

IMG_1715

ちゃんと女の子・男の子用も分かれてて、結構豪華なおもちゃ\(◎o◎)/!
長男は動物フィギュアセット、次男はレゴ・スターウォーズのキーホルダーをGET!

ばーちゃん村はホントに過疎の村ですが、最近は老若男女力合わせて
夏にはこんなイベント秋にはけっこう有名なこんなイベントも。
もちろん、夏のは全て無料、秋のパリオは無料で観戦できます。

そして6日の晩は、おらが村恒例のプレゼーペ・ヴィヴェンテ!

IMG_1778

これは今年で8年目、近年は近郊の町から招致されたり、
地方版の新聞やCOOPの情報誌に掲載されたりと、年々有名になってきています。
演者全員、動物も住民の有志、小道具も全部手作り!

IMG_1793

クリスマス・イブや1月6日に時間がとれる若い女性限定のため、
他のキャストは毎年ほぼ同じでも、マリア様は毎年変わります。
今年は図書館ボランティアの金髪美人・エンリーカでした!

動画でもぜひどうぞ~前編後編

その後、ここでもベファーナが・・・

IMG_1819

ばーちゃん村は人口1000人、おらが村は1800人、
どちらもトスカーナの中でさえ、知らない人がほとんどの無名に近い小さな村。
まだまだ至らない部分もあるかもしれないけれど、
皆が楽めるように、村に活気が出るように、
住民の熱意や工夫でイベントを作り上げていくのはホントに素晴らしい。
私は参加する側ですが、こうしてブログ等で発信して日本の方に知ってもらい
そしていつかは見に来てもらったり!?
何かしらの形で盛り上げることができれば良いと思っています。


セルフマガジンが完成しました!
selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

ロゴ最終




Profilo

くみこ

フィレンツェ郊外の田舎にダンナ&息子2人で暮らす。通訳・翻訳、トスカーナ専門のコーディネイター・ライターの仕事をしつつ、愛着を持つトスカーナの田舎や小さな村、イベント、郷土料理レシピなどを発信・個人旅行の提案を行うサイト・トスカーナ自由自在を運営。
デカい・黒い・よくしゃべるので、日本人には見られないコテコテ関西人。

Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ