イタリア・トスカーナ専門コーディネイターのトスカーナ田舎暮らし

日常生活から仕事、イタリアの笑えない話など、人口1800人のド田舎から日々の生活を綴ります。

GAS

オンラインバンキングってやっぱりめちゃ便利

銀行に限らずインターネット全般がもう便利すぎるって話ですが・・・
イタリアでの集金、支払いも全てオンライン。

帰国前に、GAS(安全な食材を生産者から直接購入する消費者グループ)で
私が係になっているパスタの今年前半分のオーダーを収集し、
メーカーにオーダー(これもオンライン)してそのまま日本へ。
納品は休暇の村のカルロ宅にしてもらったけど、
メーカーには納品書を送ってもらい、各人には自分の私の口座に入金してもらい
全部入金確認できれば、メーカーに私からオンライン振り込み~。
ネットさえあればおらが村にいようと地球の裏側の大阪にいても同じ!

IMG_5899

そのために、ワンタイムパスワードの機械、持ってきましたがな(笑)
ということで、残してきた一仕事もこれにて終了~。
ほんまオンライン、さまさま。


セルフマガジンが完成しました!

selfmagazine
送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、
お問合せフォームでお願いします


 
トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら

イタリア情報ブログランキング 


私が小麦粉にこだわる、その理由。

IMG_0017

イタリア料理と聞いて何を思い浮かべますか?
パスタ、ピッツァ・・・ほとんどの人がこう答えると思います。
そして、日本の白ごはんと同じ役割なのが、パン。
パスタ、ピッツァ、そしてパン、我が家でも欠かせないこの3つに共通する材料が、
ズバリ、小麦粉!だから、小麦粉にはこだわるんです。
数年前から市販品を極力やめて手作りにしてるけど、
原材料がアカンかったら意味ないもんね(添加物はなくなるけど)

今使ってる粉は全部 GAS 経由で、パスタと同じ会社からは有機の全粒粉を
別の会社からは有機の古代小麦の小麦粉・タイプ1を買っています。
(イタリアの小麦粉は00、0、1、全粒粉、と精製度合で分かれてます)

パン、ピッツァ、一部のパスタの他にお菓子も作るので使う量が半端ないのと、
少しでも安く買うために、一番デカい袋を買うのですが・・・

IMG_0165

やっぱ25キロはデカいわ!笑。
(大きさ比較のため、ペンを置いてみました)
そして、ここのメーカーのパッケージイラストがいつもツボ (*'▽')

IMG_0164

昔を振り返ってみたら・・・

パスタ:スーパーブランドの安いパスタ
    → GAS経由で有機の半粒粉のパスタ購入、ラビオリ・ラザニアは手打ち

ピッツァ:冷凍ピッツァ、その後、ピッツァ生地を買って自分たちでトッピング
    → 生地は手作り

パン:市販の袋に入った食パン(今考えると信じられない)
    → パン屋さん又はパンコーナーのフレッシュパン
    → イースト入りパン用の小麦粉を使い家で焼く
    → 天然酵母パンをチャレンジ中

結構スゴイ変わりよう ( ゚Д゚) たった4,5年のことなのに!

食生活に限らず、習慣を変えていくのは大変なこと。
でも ここにも書いた ように、ストレスにならない程度にやれることからやっていくこと。
自分が大事だと思うことは、余計にね。

セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらの お問合せフォーム より
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング  

オレンジが出回ってきたらリピートする、定番のお菓子

冬の到来、そしてオレンジが出回ってきたら必ず作るもの。

IMG_0853

スキアッチャータ・アッラ・フィオレンティーナ

本来はカーニバル時期からのお菓子なんですが、うちは前倒し(笑)
というのも、うちで作るおやつは子供発ち(特に長男)が間違いなく食べる、
チョコ系を中心としたマフィン一辺倒なので、そのバリエーションとして。
これは少なくとも次男が好物なので、この時期はマフィンとコレ、になります。

うちのばーちゃんから口頭で聞いた秘伝!?のレシピを受け継いでいます。
(学校行ってないので読み書きができない=記憶できてるのもスゴイ!)
量りいらず、日本でいう「カレースプーン」でただ混ぜるだけ!
レシピはこちら

IMG_1869

コレしかり、パスタしかり・・・
元気なうちにまだまだ聞けるものは聞いておきたい
写真や動画も密かに撮りまくってる日本人嫁でした。
(たまにバレて怒られるけど💦)

ちなみにトスカーナの「スキアッチャータ」はいわゆる「フォカッチャ」。

IMG_9815

スキアッチャーレ=(指で)押して作るので、そう呼ばれています。
(これは自作天然酵母で発酵が足りないけど、売ってるのはもっと分厚いです)

セルフマガジンが完成しました!

送付依頼は、こちらのお問合せフォームより
題名      ⇒ セルフマガジン送付依頼
メッセージ本文 ⇒ 送付先、依頼部数など
をご記入のうえ、送信ください。
(FBやブログへのコメントやメールではなく、お問合せフォームでお願いします


トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら



白いんげん豆にあう、意外なもの×2でウマい一品!

「トスカーナ人は豆食い」と言われるほど、よく豆を食べます。
先週、 アキエちゃん家族とのランチ で余った茹でた白いんげん豆、
何で消費しようかな~と考えた結果、ひらめいたのがコレ。

IMG_0236

白いんげん豆とボンゴレ&ムール貝のパスタ ✨

豆って単品あるいは野菜と煮込みくらいしか食べなさそうですが
こっちでは(たぶん中部かな?)パスタにもよく豆を入れます。
最初はちょっと抵抗あったんですが、食べてみると美味しんです!

そして、もう1つの具であるボンゴレとムール貝。
これも豆と合うイメージなんて全くなかったんですが
数年前にローマの魚料理レストランで食べた、
その店のイチオシパスタが貝・エビ・イカなどと豆類を一緒に煮たパスタ。
これを思い出し、再現してみた訳です。
レストランの写真をあとで見たら、もっとスープがあったので
次回する時はもっと「つゆだく」にしてみます。

IMG_0233

そうそう、使ったパスタは「ニョッケッティ・サルディ」
GASのパスタオーダーでいつも人気なので、私も初めて買ってみました。
サルデニアのパスタですが、じゃがいものニョッキでなく、普通のパスタです。
サルデニア旅行の時にも食べました!

いやぁ余りもんで美味しいものができると、主婦としてはかなり満足度高いっ!
たとえ余らなかったとしても、この意外な組み合わせはかなりイケますので
皆さんもどうぞお試しください♪

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング

今回もアカンかった、「バビルの塔」パスタの納品

GASのパスタ係になって2回目の納品。
前回苦労したので、今回は、道から通路の下をくぐるところ、
傾斜を上ってガレージのある通路、2カ所の写真を送ったうえ、
オーダー時にメーカーさんに状況を説明して、結局、
運送屋さんに25ユーロを払ってガレージまで運んでもらう事となった。
(追加費用はオーダーした人の頭割り)

予定時間より2時間後れ、ちょうどダンナが帰宅したと同時に到着。
今度は簡易フォークリフトもあるし、完璧!

IMG_0005

トラックからは難なく下ろせたものの・・・

運ちゃんがひっぱり、私とダンナで押すも、
こんなちょびっとの最後の坂が上れない Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

IMG_0009

運ちゃんの提案で、ダンナの車をバックで押す形をとるも・・・

IMG_0010

変な煙は上がるし、こちらもうまく調節できず作戦崩壊💦

最後はこの場所で解体し、3人で手で運んで半分ほどにした後、
またパレットごと3人で力を合わせて押して、何とかガレージに。
実働は前よりマシやったけど、ダンナの機嫌も損ねてしまい
なんだか前よりどっと疲れた・・・これで車が故障してたらどうしよう(滝汗)

あの悪夢の傾斜、きっとこれはどうにもならんようなので、
集計などは私がするにしても、納品場所は変えてもらわないとダメかもね。

トスカーナの旅・ビジネス・取材のコーディネイト&通訳なら


イタリア情報ブログランキング

 
Profilo
Blogはリンクフリーですが、掲載記事・写真の無断コピー・転載・加工はお断りいたします。
トスカーナ自由自在

Facebookページも宣伝 にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
Commenti
記事検索
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ